◆ 癌細胞は正常細胞に戻るという研究

テーマ:
ホメオパシーの授業では、学びを深めるためにいろいろな映像を観ます。その中で、非常に印象的なお話しがあったのでご紹介します。前回のブログでの癌細胞のスーパーな特性を知った上で、このことを知ると良いだろうと思いましてご紹介致しますね。2012年の放映されたようです。


スーパープレゼンテーション(TED):NHK
『がんの新しい理解につながる実験 ミナ・ビッセル』
ローレンスバークレー国立研究所

概要転載:乳癌研究者のミナ・ビッセルは、癌細胞はどれもが腫瘍になるのではなく 周囲の環境(微小環境)の送る信号によって腫瘍化が左右されると信じ、この画期的な考えを証明するための研究を数十年に渡って続けてきました。癌の増殖に対する定説の間違いを示した二つの実験について話します。
番組の詳細が書かれているブログ:悠々汲々と過ごす日々(2014年10月23日):http://yuyukyukyuhibi.seesaa.net/article/407624200.html

研究への足がかりとなる疑問は私もずっと抱いていた不思議です。皆さんも一度くらい思いませんでしたか? たった一個の受精卵から人体が構成されていき、何十兆個まで増え続け、同じ遺伝子の細胞なのに、なぜ君は皮膚細胞に? 心臓に? 脳に? なんでその細胞になろうと思ったの? という素朴な疑問。損傷しても元の細胞で修復する不思議。怪我の修復で皮膚が肝細胞にならない不思議。癌の発生(原発巣)は大抵、一カ所である不思議。

ミナ・ビッセルさんは「種種の実験の結果から、癌の遺伝子を持つだけでは癌化はせず、その細胞を取り巻く微小な環境ががん遺伝子や細胞に指示を出していると考えました。更なる実験で、環境の変化によって細胞の形も性質も変化する事実を確認しました。」とおっしゃってました。

簡単すぎる要約ですと、周囲の細胞との関係性が悪くなると癌化し、よくなると正常化する。ということ。仲良しグループだったのに疎外されて寂しくて発狂して殴りかかる みたいな? おお、よしよしとなだめると戻る みたいな? 例えがひどいかな・・・共同研究の方によると下記
北海道大学大学院医学研究科、共同研究の論文要約:http://www.hokudai.ac.jp/news/140213_pr_med.pdf


ミナ・ビッセルさんも、常識に囚われずに研究したから今があると仰るように、私もここで言いたいのは、既存の概念に囚われずに観点の移動をしなければならない ということです。

癌細胞を正常化できるのも自分だという観点です。
少なくとも、今の医学ではない概念ですね。
医学にないから医学信者の方々の概念にもないですね。

癌化させた環境を提供したのは誰なのか です。
その環境とは何なのか です。
食品の化学物質? 激務による疲労困憊? 人間関係のストレス? 喫煙? ワイヤー入りブラで電磁波受信? 経皮毒? 癌も生活習慣病に分類されていますからね。自分なら何となく思い当たることも多いでしょう。分からなければ探しましょう。

で、

現実には医療とは関わらず、末期癌で無数の遠隔転移も4ヶ月で消えた画像(PETなどで)を初めて見たときは衝撃でしたが、鶏卵大の肝細胞癌を3ヶ月で消したり、全身の悪性リンパ腫を数週間で消したりする状況を冷静に見ると、上記の癌細胞の正常化が起これば何ら不思議な現象ではないと思えることです。

消したのではない。
元に戻ったのだ。
自分でも戻せるのだ。


方法は世の中にたくさんございます。慌てて焦って**療法や**健康食品や**水に飛びつくだけでは根本解決にはならないです。特に大切なことは、身体の在り方と、心の在り方なのだと思います。

この世で癌を元に戻した方々の共通項は何度もブログなどでご紹介しておりますが、物質的な身体の在り方は食事や整腸や活動が基本となり、非物質的な心の在り方は悟りの領域となります。悟りですと諦める方もいるでしょうが、その方向性を持つだけで悟りの世界へは向かえますので諦めないで欲しいです。そのやり方は「癒し」であると感じています。何をしたかではなく、です。この世的には、
「何処」に身を置いたら癒やされるのか。
「誰」と一緒にいたら癒やされるのか。
「何」をしたら癒やされるのか。

「源泉掛け流しの温泉に 家族とともに 美味しい食事と美しい景色を堪能する」とか、「新宿歌舞伎町で おねえたちと 本音で語れる」とか、その人ならではの癒しがあるでしょう。但し、体調が良くなることが大切ですので、過度にならぬようご注意を。

ですから、健康に良いからと好きでもない食事を我慢して食べることは不健全だと思うのです。型を作って型にはまらぬストレスでやられる人が多すぎますからね。健康に良いとされることをする場合、楽しいか、幸せか、笑顔になるか、心地よいか、快適か、嬉しいか、癒やされるか、に当てはまることをしましょう。