やっぱり結果じゃないんよね… | 美音安里

美音安里

ブログの説明を入力します。

みなさまおはようございます🌞
バランガン銀座の美音安里です❣️
今日も主観でブログを書いていきますね星



ここ最近、寝ていても
パッと起きてしまったり
なんか分からないけど焦り出したり
ショートスリーパー状態がしばらく続いていますゲッソリ

理由は、分かっていて
私のエネルギーの転換点が臨界点に達しているということ
この自分自身とどう調和していくか?
新しいエネルギーで生きることへの
不安や恐れが出てきていて
落ち着かない💦
お客様にセッションでエネルギーワークをした時にあまりにも変容が早すぎて
『ちょっと待って!』がかかる時があって
いきなりの変化に戸惑う
そんなお客様の感覚を今まさに私が体験しているのですガーン
自分自身のエネルギーが変わると
波長が変わる、次元が変わる
という事なので、外側は全然変わってないけど
中身がある意味別人になってくる。

なので自ずと
周囲に対する物の見方も感覚も変わるので
何らかの変化が起きてくる。

今まで築いてきた
安心安全な居場所にもうそろそろ居座り続けることが難しくなってきた
外側に対する環境を整える
という視点から【素直な感情を羅針盤として生きる】に設定変更をしてからというもの
膝の震えが止まらない笑
小さい頃から些細なことでビビリ倒していた
ビビリーミネなんですゲロー

怖いならやめたらいい。
という話しかもしれないですけど
潜在意識の下からの突き上げが激しくなってきて
すでに我が帝国は崩壊寸前なのであります笑滝汗

人は、どんなに変化の時が来ていても
その場所を手放す恐れにたじろいで
自分の素直な感情を歪ませる時がある。
自分の心に嘘をついたり
目の前の現実を否認したり

辻褄を合わせるために一旦は落ち着くんだけど
潜在意識は嘘が付けないので
やっぱり時々突き上げてくる。
その時の衝撃波は時間が経つにつれて
激しくなってくる。
それを抑え込もうとするエネルギーによって
人は疲弊して力を失うんじゃないかな。

怖がりの私は、とにかく毎度訪れる
その感覚が怖くて
突飛な行動をとる、衝動的に行動をする。
そういうのを若い頃繰り返してしまっていた。

今は、ヒーリングをして自分の心の動きが
だいぶ分かるようになってきたから
膝が震えるだけになってるけど
それだけ自分の感情はパワフルで
嘘が付けない。

今すごく思うのは
自分の感情をちゃんと実感してあげたい。
今、そうしてる時が一番落ち着く
例えば上手くできなかったなぁ
って思ったら本当そうだったねえーん

あの人の言葉が聞いててモヤモヤした→そうだね。わかる!

昔から自分を鼓舞する癖が強かったから
なんでもネガティブなことを思っても
前向きに捉えるように考えたり
嫌なことをされても
その人もきっとモヤモヤしてたんだよ。
とか謎の寛容さで対処しようとしていたり。

だからと言って、外側の世界にありのままの感情を表現する。っていうのは
TPOが大切だと思っています❣️
ありのままの感情が大切だと言っても
むやみやたらと自分の感情をぶつけるのは違うと思ってるから。
自分の心の中でしっかりと自分の感情を感じて
共感する。
湧いてきた感情を心の中で言語化してみる。
ありのままを感じてるだけなのに
すごく癒されます照れ

ただよく恋愛で爆発しちゃって
戦車リバースして関係をぶち壊す時は
散々自分の感情を抑え込んだ結果だったりしますよね。

自己中とかわがままとか
一見、すごい悪い人って思うかもしれないけど
散々自分の感情を抑え込んだ結果
満たされない思いが爆発して
相手を攻撃しちゃってる。ってことなんだと思います。
だからどんなにワガママに自己中に生きているように見えても
本質は、自分の感情を抑えてる人なんですよね。

弱さは強さだな。って最近よく思う
自分の中の弱さを認めた時に
自分の中に芯ができてくる。

外側がどう思うかじゃなくて
自分の心が何に反応しているのか
そこに答えがあるような気がしてます
全ては自分の心がどう思っているか
それが世界を創っている。

外側から降ってきたものに影響されているのではくて
自分がどうしたいか?
そこを明確にする
そのためにはしっかりと感じて
自分と繋がる
外側や結果だけに比重を置いていたら
きっとその事に気付かなかっただろう。

現実が怖かった
そこに対処しなきゃ
だから安心、安全、確実なものが欲しい
それは何なのでしょう?
自分の感情と接するようになって
どれだけ自分の心が潜在意識が
この世界を創ってきたのかが分かった

やっぱり私は自分の望む世界をクリエーションしたいです🌈
そのための情報を集めるために
膝が震えている私と
しっかりとこれからもお話ししていきたいと思います❣️

みなさま素敵な一日をキラキラ