心理カウンセラー大嶋信頼さんの著書

『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法。』



という本を読み進めてると



次々に湧いてくるマイナス感情を断ち切る方法



という章に興味深い事が書かれていました。



「言語性知能」と「動作性知能」のバランスが損なわれていると、不安が次々と湧いてくるのでは?


と書かれています。


ほうほう、言語性知能と動作性知能ってーのがあるんかいな。



言語性知能 → 言葉を覚えたり、計算したりする



 動作性知能 → パズルを完成させたり、積み木を組み立てたり、バラバラの漫画をストーリーに組み立てられる



という能力のことだそうです。


言語性知能が高い場合

・過去の体験や色々な人の気持ちを想像し、相手とやりとりする前に結果をシュミレーションする


動作性知能が高い場合

・時間軸による記憶にちゃんと情報が整理されるため、「過去の体験は過去に起きたこと」「将来起きる不安は今は必要ではない」

と、過去、現在、未来を区別する


ということができます。


大嶋さんの見解では


「過去のいやな出来事が急に思い出されて、

まるでさっきあったことのように不快になったり、

将来の事を考えて次の瞬間に起きることのないように不安になってしまったり、

全然関係ない他人の気持ちまで考えて落ち込むのは言語性知能と動作性知能のバランスが取れてないからかも知れない」

という見方をしています。


あるよね!

こじれてる人は特によめい!!


大嶋さんのこの本では一貫して、
自己暗示をオススメされています。

自己暗示の文言なども指定があるのですが


それは本を買って読んでほしいところでして、、笑
なんか全部書いちゃうと著者に申し訳ないやん!!


まぁ、
”自己暗示”なので大体分かるかは分かると思いますが


バランスが取れてる、とか、整っている

など唱えればオーケーかなとは思います。

でも、ぜひ読んでくださいませ!
カードコーチング


メンタルブロック解除


というものをしています。

どちらも対面でセッションします。

今日はメンタルブロック解除について(^^)



対面でも出来るのと

遠隔でもセッション承っております(^.^)


ライン通話とかスカイプとかで出来るって事です!


今年の1月に
メンタルブロック解除を受けて頂いた方の感想ブログを書いて頂きました⬇︎


他にも遠隔で受けて頂いた方からは

・面倒くさいと思うことがなくなった
・行動的になった


という結果が出ていて


ちゃんと遠隔でも効果ありなんですよー(・∀・)


ふと振り返ったら
変わってるって事が多いので



自分がメンタルブロック解除に出会って

こんな変化があったなーって思うのが

自己表現については

・役者を辞めたけど、また舞台にすぐ立てた
・美容番組にメイクモデルとして出演した
・素人だけどランウェイを歩く機会を2度ほどもらえた

・今年もファッションショー出るぞ!


プライベートについては

・3年間彼氏が出来る気配がなかったけど、ほいっと出来るようになった

・こじらせ系女子だけどこじれなくなった

・モラハラを経験してからのフラッシュバックが無くなった

・自己重要感が上がった



そうそう、
過去7.8年前くらいに

モラルハラスメント(精神的暴力) を経験して

フラッシュバックを起こしては仕事中に涙が出たり

また同じ事が起こるんじゃないかと1日中
不安感に襲われていました。(で、同じ事を引き起こしてた)



当時はトラウマから解放されるなんて思えなかったけど

心のセラピーでちゃあんと解消できるんです。



・トラウマ
・不安が強い
・生きづらい
・恐怖心が強い


などなど

こんな方もお待ちしておりますᕦ(ò_óˇ)ᕤ
メンタルブロック解除では
「好転反応」ってのを感じる人がいますよ
と、アナウンスする事があります。
(カードコーチングは無い)



セラピストさんによって、
好転反応についての意味合いとか説明が微妙に違うなと感じます。


ある人は

「セッション後、眠気やだるさがあるから車の運転とかなるべく控えてね」とか



またある人は


「セッションをうけた後日に嫌な出来事があるけど、悪いエネルギーが出てくみたいな膿み出しみたいな事がある」

というニュアンスの方もいる。

マッサージなどを受けた後に好転反応が出るのは、老廃物が外に出てるんだなーって理解しやすいけど、
メンタル系のセッションの好転反応ってやや不明瞭だなと思いまして、なんかモヤモヤしてたんですよね。



心理カウンセラーの大島信頼さんの本の中に



躁の状態になったらホメオスタシス(恒常性)が働いて元の状態に戻す、もしくはバランスを取ろうとして鬱の状態になるようにする



というような事が書いてて



あれ、もしかして毒出しじゃないんじゃねーの?(笑)



っていう説。(メンタルにおいて、ですが)

セラピーやコーチングのセッションを受けたすぐ直後、特に心のセラピーなんかは


「なんか躁状態!!なんでも出来るぜー!ヒャッハー!」



って状態になりやすい。
経験上ね!


で、躁状態になったそのあと
どーん!と鬱状態になります。


ここで適切な判断ができず、
変なアクション起こすとトラブルを招いちゃう事もあるのかなって。


さっきも書いたように
セラピストさんによって好転反応の説明は

「毒出しみたいなもんで良くないことが起きるかもだけど、ただの好転反応だから気にしないでね!」


ってニュアンスで伝える人、
少なくないと思うんですよね。


間違ってなくはないけど誤解が生じそう。


言い方を変えるとしたら

「セラピーを受けたあとは、スッキリするけど恒常性のせいで無意識に元に戻そうとするから、反動で気持ちが沈む事があるかもしれないません。」
「その時に何か判断や決断をする時は、落ち着いてからした方が良いと思います。」


が、親切かな。



カウンセリング、心のセラピー、コーチング
そのほか色んなサービスもそうですが

100%満足できるって保証がありません。

そもそも人生山あり谷ありですし

見えない部分を取り扱ってこそ感じる 

”嫌な出来事があるからこそ見えてくるもの”もあるんですよね。


私過去にセラピーを受けた時に
好転反応が出て、嫌な気持ちになったり悲しい事もあって


なんだよ!!セラピーなんて受けてもすぐ良くなんないじゃん!むしろオメーのせいで悪い事起きたんじゃね?!ぷんすこ!



ってなった事が一回あるんですよね。
その時に
なぁんだただのホメオスタシスかー。って知ってたら、あの時正しい判断が出来たのかもなーと思う反面


まあでもあれがなかったら、 


今の私はなかったなーって思うので
最終的には御の字になっております。


〜まとめ〜
■ 躁の状態になったら、バランスを取るため気持ちが沈む。
■ 適切な判断が出来ないかもしれないので、一旦落ち着いてみてね