広報PRは「社交術」 | 「会ってみたいと噂される人になる。」 広報・PRのフロントステージ代表 千田絵美のブログ

「会ってみたいと噂される人になる。」 広報・PRのフロントステージ代表 千田絵美のブログ

広報・PRのフロントステージ代表の千田絵美のブログです。広報・PRを使って『らしさ』を引き出しあなたの会社やサービス、人を"表舞台"へ!

THE BRIDGE創業者でブロガーの平野さん

主催の、クローズドのオンライン広報PR勉強会に参加!

 

平野さんのコメントと、気づきをまとめますね!



平野さん @kigoyama のツイッターアカウント

 

 

 

 

 

 

 

■「PRは社交術」

 

→これ本当。

「社交術」というと軽い感じがするかもしれないけれど、

 

 

「社交」ってそもそも、

 


人と人とのつきあい。世間での交際

(デジタル大辞泉 より)

 

 

のこと。

 

 

私たちが普通に生活していく上で、人と人との付き合いは避けて通れないものだし、


広報・PRは、「社交のプロフェッショナル」とも言えるのではないでしょうか。

 

「人と人との付き合い」で大事なことって、


相手への想像力や、心遣い、相手に興味を持つこと

 

だったりするかと思うのだけれど、

 

もう、そのまんま、広報・PRで大事なことだよね!!

 

とても端的に表現してくださいました。

 

 

 

 

■「社内アセット」を把握・整理する大事さ

 



■「小さい熱狂」を積み上げていく

 

→これは、個人的にもとても興味のあるテーマ。

「戦略PR」の次のPRになり得る。

 

 


■自分のノウハウは、SNSなどでどんどん投げていく

 

→で、「これ知りたいです!」という反応があったものに調整していく。
キーワードを見つける。

 

みんな!投げていこう〜!

 

私も、広報とPRの知見・スキルを持つ人が増えると、

もっと世界が楽しくハッピーになるって信じてます

 

 

 

■「解像度を上げる」

 

自分や自社が知ってもらいたいこと、の因数分解をするべき

 

 

 

■月に1回、社内で広報担当が主催となり、広報PRのワークショップをやって、ネタを掘る

(社内アセットの掘り出し)

 

→これめっちゃいい!!すべての企業でやっていただきたい!!

 

 

 

■自分のアイデアや、考えていることを「言語化」する

 

説明が1分超えちゃうとだめ!
ツイッター140文字で伝わるものでないとだめ

 

 

 

■コミニュティを積み上げる
 

 


■「とにかくツイッター」

 

 

 

平野さん、ありがとうございました!!

 

 


 

 

 

ちなみに、こんな感じで配信してました 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

千田絵美