皆様、こんばんは!
猛暑日が続いています。
冷房の効いている室内と、暑い屋外とは温度差があり、体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?

蒸し暑さにより、体力が奪われるので夏バテ防止のため精力のつくものを食べるという習慣があります。

7月28日は土用の丑の日でしたね!
うなぎを食べられるご家庭が多いのではないでしょうか。



土用の丑の日は、それぞれの季節ごとにありますが、夏は暑さで体調を崩しやすい時期なので、疲労回復に効くビタミンやエネルギー源となる脂質を多く含むうなぎは、夏バテ防止に最適な食材を使った料理を、昨日の夕食でイベント食として提供させていただきました。




夏バテ防止に、夏の土用の期間中には「う」の付くもの、例えば梅干しやうどんなどを食べるのが良いとも言われていました。



うなぎは、エネルギーの代謝に関係するビタミンB群が多く含まれているので、夏バテ防止にはぴったり。さらに、ビタミンEやAなども含まれており、栄養価の高い食材です。

普段は高価でなかなか手が出しにくい「うなぎ」ですが、新型コロナウイルスに 負けないためにも、「土用の丑の日」にはうなぎのような滋養強壮に良い食品も食べつつ、免疫力を 付けて 暑い夏を乗り切りたいですねニコニコ