9月のイベントメニュー

テーマ:

早いもので、もう9月の後半。今年も残すところあと4ヶ月になりましたね!朝夕、気温が低くなり、すっかり秋めいてきました。🌾🍁

皆さん、風邪などひいていらっしゃいませんか?

秋といえば、月がキレイに見える季節。🎑🌕



中でも「十五夜」は特に月が美しく見えます。

では十五夜とはいつのことでしょうか?

秋の真ん中にあたる旧暦の8月15日の夜が「十五夜」で今年は9月24日です。皆さんのご家庭では毎年どんなお月見されていますか?

日々仕事や子育てなどに追われて、普段じっくり月を眺める機会なんてほとんどないですよね!

今回は十五夜やお月見について調べたことを紹介します

お月見がもっと味わい深く、楽しくなりますよ。

十五夜は「中秋の名月」とも呼ばれ、「秋の真ん中に出る月」という意味があります。

十五夜には、秋の収穫を祝うという意味も込められています。農産物はもちろん、お米が無事に出来たことを感謝すると同時に、次期の豊作を祈願するため、お供えする習慣があります。お供えするものの意味って皆さんはご存知でしょうか?

✴︎お団子
白くて丸い月見団子は満月に見立てて作ったもので、豊作祈願や収穫の感謝の意味が込められています。その団子を食べることで健康と幸せを得られることができると考えられているようです。
✴︎ススキ
ススキには魔除けの力があると信じられており、1年間の無病息災の祈りも込められているそうです。

✴︎野菜、果物🍇🍆🥔
豊作への感謝の意味があります。
こんな風にお供えものの意味が分かると、毎日何気なく口にしているお米や野菜、果物が私達の命をつないでくれていることに気付かされます。


当院の今日の夕食は仲秋の名月御膳をお出ししました。


里芋柚子味噌
小烏賊沼田和え
薩摩芋雑穀ご飯
月見つくね焼き
吸い物
月見団子

✴︎ススキシェフが今日のために山に登ってとってくれたそうですよ〜皆さんの願いが叶えるように頑張ってくれたそうです。


忙しい日々ですが、十五夜には日本の素敵な風習でもあるお月見をして、皆さんもゆっくりと月を眺める・・・今年はもう終わってしまいましたが来年はぜひ、そんな贅沢な時間を過ごしてみて下さいね!