hajimeのなんちゃかかんちゃか

モデルガンやエアーガンと映画の好きな事をもにゃもにゃと適当に書きます~


テーマ:

今回は少しいつもと違い本の紹介をしたいと思います

第一段は

先日「およよ」様のブログでコメントをいたしました

豆本を実家で発掘しましたので

MGC6インチパイソンをプレゼントいただいたお礼ではありませんが記事で

紹介したいと思います~


およよ様のブログ記事

http://blogs.yahoo.co.jp/oyoyo_suimasen/59987795.html



hajimeのなんちゃかかんちゃか
こちらの本が

「スーパーGUN大百科」です!


こどもポケット百科 実業之日本社

昭和59年10月15日第一刷発行

定価750円(当時のGun誌とほぼ同じ価格です~)


いやーポリスマンのイラストが決まっている

大きな本ですねー(そっちじゃなーい!)

すみませーん


国際のM686の6インチが表紙です

こうゆうポケット大百科的な本が大好きで

恐竜やらプラモデルやらUFO的なものや

買ってもらった記憶があります



hajimeのなんちゃかかんちゃか
冒頭は表紙と同じ国際産業のガンが載っていて

そのあとに

なぜかなぜか「小茂田」製品が

載っています!!

私いまだに実際にてにした事がない製品たち

ばかりです~

右下のチーフスペシャルはどう見ても殿下の

ハイパト的な別物で面白いです

意外とPPKはいいスタイルに見えます~


そのあとはマルシンですこれは今でもみられる

パッケージの写真(手袋してバーンって撃ってる写真)

なので飛ばして

LSのキットの紹介~これも飛ばして(だめ?)

続きましてはー

マルイです(子供の本だから安いキットモデル

を優先しているんですねきっと~)


hajimeのなんちゃかかんちゃか
不思議なんですが後発で発売のM586(右下左下)

が今全く見ないですねーバレルが一体形成で

今までのマルイ組み立てガンの中でもよく出来てる

モデルなんですが~なんでなんでしょう?


そのあとクラウンが来ます!


hajimeのなんちゃかかんちゃか
およよ様の記事に載っていましたウッズマン

載ってます

当時欲しいなと思っていたのにお店で

見たことがなかった気がします

この後のページに???とずーと思っていた

内容が


hajimeのなんちゃかかんちゃか
これです!

およよ様(なんどもすいませーん)の記事で

やはりそうゆう事だったのか~とやっと安心しました


上の写真を見たら弾は出るは排莢するはで

どんな構造やねん!と当時から分からずでした

今見ても凄くリアルですねー

リボルバーはガスガンなどに生まれ変わって

いまだ発売されていますがこの製品こそ

固いプラで発売しなおしてほしいですねー

クラウンのパイソンやM586もなかなかいい

スタイルだと思います~



表紙に書いてある「情報200%」

また「モデルガン・エアーソフトガン・トイガン全紹介」

も伊達ではありません


以上でモデルガンコーナーのページおしまい!

えーっ!MGCもCMCもWAもハドソンも無し!(爆)

まあ子供向けだから~(国際載ってるやん!)

そのかわり・・・



hajimeのなんちゃかかんちゃか
ヨネザワのツツミ弾のエアーガンや~

(ワルサーPPスポーツは実際に見たことないなー)


hajimeのなんちゃかかんちゃか
このようなコニタン(コニシキではなく小西博之さん)

が当時CMしてた?(たぶん)エポック社の

「プロファッショナル」(真ん中上の方ね)が載っていたり~



hajimeのなんちゃかかんちゃか
こんなのも載ってますー(なんじゃこらー)

左上の「トイコー 超激変電子ロボアストロマグナム」

結構かっこいい~


hajimeのなんちゃかかんちゃか
(追加です~)子供の憧れのガンいろんな種類が

あるなーサンダーボルト888とかミニッツマンとか

サバイバルゲームでも使える的な存在でしたねー

懐かしい~


という感じで(どんな感じやねん)

子供のころにまじまじと見た本のご紹介でした~





そして続けて!

第二弾!

(つづけるんかい!)


「世界の拳銃大図鑑」

(少年少女集英社文庫)

岩堂 憲人(1978)



hajimeのなんちゃかかんちゃか
んー恥ずかしい~色塗ってます本にー

文字もなぞってるしー


となりのガバもはずかしついでに

マルゼンのカート式エアーガンです

グリップはなぜかマルイの作るモデルガンの

プラグリでブッシングはパテで上部を足してあり

(凄く汚い~涙)グリップにフィンガーチャンネルを

固まるプラで付けたしたり全体をボブチャウ風に

ガンガンヤスってあったりします~(どうしたいんや)

ディテールは恐ろしくて皆さまにお見せできません

子供時代のしたことです子供の~


さて中身ですが御存じの方もいらっしゃると

思いますが

相当マニアックです!!!!


hajimeのなんちゃかかんちゃか

右下の方を良く見るとこれから紹介されるガンの

出所がよくわかります~(あの高橋さんですねー)


表紙のニッケルフィニッシュのM29がかっこいいです

マグナム大好き子供には痺れますねー



hajimeのなんちゃかかんちゃか
やばいグリップで撃っているのは御愛嬌~

ガバメントM45です(なんやそれ!)

S70のラージ刻印のモデルですM45は?ですが

このガバの発射写真は印象深いです~

冒頭からM29→ルガーP08→ガバ(なるほど王道~)

ときて次のページがこちらです




hajimeのなんちゃかかんちゃか
なんでやねーん!!!(笑)

急にマニアックやないかー(笑)

今見ると

相当凄い感じです

下のガンなんて知ってる人どんだけいるの~?

上の「パブリックエネミー」

で出てきたガバとか(M1911ですベース)

素敵な本です



hajimeのなんちゃかかんちゃか
ベレッタの当時の最新型がこちらです(うそ)

でもM1934ではなくこの2丁の選択も凄い!

とくに下のM1915これまたレアな感じです(笑)

とにかく選択されたガンが凄いです!

なんでこのガンだったんだろ~



hajimeのなんちゃかかんちゃか
このコマンダーの下の射撃シーンの

「45口径の反動は大きい」とコメントがあり

コマンダーではなくガバの写真で説明

しているのが当時も気が付きましたねー

45だからいいんだけどさ~



hajimeのなんちゃかかんちゃか
ディテクティブも初期の旧モデルで今見ると

凄くカッコイイです(グリップ下部がシャープな

方ですねー)

当時はマグナム大好き的なキッズなので

「なんじゃこのカッコ悪いの」

と見向きもしませんでした~


下のボーチャードが両面写真が載ってところが

好きです(しらん!)



hajimeのなんちゃかかんちゃか
もうこうなってくるとマニアとかではなく

世界の珍銃的なコーナーになってます(笑)

イラコバさんが好きだったというコリブリは

この本で知っていました



hajimeのなんちゃかかんちゃか
MAT49!の下はEM2です(よー知らん)

まともな紹介ではないマニアの喜ぶ内容に

なってますねー


hajimeのなんちゃかかんちゃか
BSA?ポンプ式に改造したKG9はこの銃を

参考にしんでしょうか?マシンガンもレアな

紹介になってます~



hajimeのなんちゃかかんちゃか
AR15!この写真とM16のイメージは当時強烈で


「こんなこうせんじゅうみたいな

ライフルがあるんだな~」

と鼻たれながら見ていた(垂れてないよ)事が

懐かしいです(20世紀少年風)

これのボールペンを父からプレゼントしてもらった

事が思い出されます~


hajimeのなんちゃかかんちゃか
左のPM-9!!!!

ガンスミスキャッツで出て

来た時真っ先にこの本を思い出しました~



hajimeのなんちゃかかんちゃか
ラストは「未来の軍用銃器はこう変わる」記事

L85の元ネタガンが載ってます~


んー今読んでちょうどいいくらいの内容も

豊富で面白いです~


いかがでしたでしょうか 同じ本をお持ちの方

見ていない方

みなさんも少年時代によく似た本をお持ちだった

のではないでしょうか?


このようなカビ臭い本を今再び開き~

いろんな事を思い出したりします~

ローマンを外で撃った事や

父の部屋でこっそり「Gun」を片っ端から見ていたこと

父と家の中でモデルガンで撃ちあいしたこと

懐かしいです~

大人になって今もこのようなブログで

楽しんでいる事もなんだか面白いです


と感傷的な感じでノスタルジックに

おしまひ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

hajimeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。