私がマレーシアにきた2001年

 

マレーシアクランタン州の州都コタバル

 

から車で1時間以上離れた

 

主人のおじいさんとおばあさんの家に住んでいた

 

 

そこには、主人のお母さんの妹さん家族がいた

 

男の子三人のお母さんと聞いていたのに

 

いつもここにいる子供は一人、、

 

しかも、旦那さんは夜に30分ぐらい


この家にいるだけでどこかにいってしまう

 

分からん事だらけの私??

 

まー、しばらく一緒に住むにしても

 

いらんことは、聞かない方がええ、、、

 

そもそも、日本語以外なんの言語もしゃべれんし

 

聞きようがない、、、、チーン

 

2001年の私は、主人のおじいさんの家にいて

 

{29F11AC9-2D44-4693-9014-CEA488D19D7A}

だった、、、、

 

 

そして後々、事実が分かった!!

 

主人のお母さんの一番下の妹さんは

 

そう、、、このすぐいなくなる『おっちゃん』の三番目の奥さんだったゲロー

 


それがわかった日から

 

私の中で、毎晩30分だけ


主人のおじいさんの家にくる

 

この、、、

主人のお母さんの妹さんの旦那さん

(なっげ~~な呼び方がムキー

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

{1A4D291D-9DC2-44B7-9494-6D454DF8B8CC}

 

が、めちゃくちゃ悪党に見え始めたゲロー

 

 

私も、このころぎりぎり20代だったし

 

日本から来たばかりだったし

 

偏見バリバリにもってしまって

 

このおじさんが私に声かけるだけで

 

変なことされるかと思ったチーン

 

 

イスラム教徒では許されている

 

『一夫多妻』だけど、何でもかんでも

 

やっていいわけじゃない、、

 

 

一番目の奥様がまず寛大な方で旦那様の

 

多妻を許せて書類にサインできる人。

 

そして男性はすべての妻を平等に愛し、

 

全ての妻に平等に物もお金も分け与え、

 

お家にいる時間もすべての妻に平等に!!

 

 

おいっつ、こらっつムキー

このおっちゃん

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

{A76DD073-82A2-497E-83AE-BF065F9E65E2}

 

主人のお母さんの妹さんの家に

 

 

毎日30分しかおらんやないか

 

平等ちゃうねんムキー

 

 

まあね、この主人のお母さんの妹さんも

 

自分が結婚したくてしたんですから

 

責任はあるのかもしれませんしね、、、

 

 

このおっちゃんの一番目の奥様の家に

 

私も何度か遊びに行かせてもらったんですけど

アップアップアップアップアップアップアップアップアップ

この、なんの関係ない私が家になんども

 

お邪魔できるぐらい奥様がめちゃくちゃええ人えーん

 

 

主人のお母さんの妹さんには本当は

 

三人お子さんがいるといいましたが

 

妹さんと一緒に暮らしているのは一人だけで

 

あとの二人はなんと

 

一番目の奥様が育てていました、、、ゲロー

 

 

このおっちゃんが

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

image

 

お金があんまりないから、

 

主人のお母さんの妹さんは

 

働くしかなかったため、残り二人の子供の

 

お世話を一番目の奥さんが見てくれると


言ってくれたらしい、、、

 

 

ちなみに、二番目の奥様は気が強くて

 

一番目の奥様とも、三番目である主人のお母さんの妹さんとも仲良くしたくないらしい。

 

 

しっかし、一番目の奥さんできすぎやろ、、、

 

このおっちゃんが

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

{12DD7B6D-D77F-4D43-955E-DEF3D56C2A6D}

 

 

{C7F3A608-2417-4AE7-92F3-FECF2DB8C65C}

というような方ですから、、、

 

 

こうやって、主人の『一夫多妻』を許せる人は

 

たとえマレーシア人でもなかなかいないわけで


もし、それが許せたとしたら、、


{2469D753-A85B-4868-902B-01333317F127}


とおっちゃんの一番目の奥様に

 

教えられたけど、、、、

 

『私がもしこのような立場になったら許せそうにはありませんチーン

 

そして、別に許せなくても罰せられるわけではありません。


無理な人は無理です。


マレーシアのほとんどの女性も無理なんです。



でも、、、

 

このケースはやはりあんまりいい『一夫多妻』の

 

ケースではありません

 

なにより、このおっちゃんに

image

 

お金がないのがまずい、、、チーン


 

三人の奥様のお子様を合わせれば合計15人

 

今は退職して700リンギ=約2万円の給料しか

 

もらっておらず

 

自分自身の生活でもお金のたりない


おっちゃん

 

主人のお母さんの妹さんも大変そうだった

 

もちろん結婚を望んだのは妹さん自身だから

 

仕方がないのかもしれないが


そんなに魅力的な人なのか?


このおっちゃん


{A2CD1D4A-4AEF-499D-B1D6-66B749C69571}

私は遠慮しとくわ、、、チーン

ほんまごめんチーン




しかし、おっちゃんだって

 

自分のお金と計算して


奥さんもらえばよかったのにとも思う。


奥さんも子供も全然養えてないチーン

 

 

では、一夫多妻が成功されてるようにみえる


かたもいるんですよ、、中には、、



昔の我が家の目の前に見事にそびえ立つ


一軒の家は、ある金持ちさんの


3番目の奥さんの家でした。


 

彼女はBMWとレクサス2台の車を

 

ご主人からもらっていました

 

彼女に話を聞くと、、、



この金持ちさんの奥様になると

 

豪邸と好きなヨーロッパ車一台と日本車一台

 

それに、お手伝いさんを三人つけて

 

もらえるそうです、、、

 

三人の奥様同士の関係はとっても仲良しらしい

(三番目の奥様のお話では、、、)

 

 

これぐらい金持ちだと、、、

 

『一夫多妻』でも幸せなんでしょうか?

 

本質は、、、、私にはわかりません


ただ、一番目の奥様がカギを握っているのは


たしかです。


許せる人はただただ、すごい人だと思うのです


 

ご迷惑でなければよろしくお願いしますショボーン

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村