◇1次方程式が楽しすぎる☆公文数学G161~165 | 姑同居と一太郎一姫・5歳差育児と1匹のキロク

姑同居と一太郎一姫・5歳差育児と1匹のキロク

40歳専業主婦をしてます。愛息・7歳(24年1月)、愛娘・2歳(29年2月)の2児の母です。
主人の母と完全同居で北海道から静岡に嫁いで来ました。

不器用な愛息の教育に完全に迷子な毎日を送っています…
悔いのない毎日を精一杯
丁寧に暮らすため、キロクしていきます☆

 

 

読者登録・いいね!

有難うございます♡

 

とても嬉しいです(*ノωノ)

 

 

このブログは

7歳7カ月 早生まれの愛息

2歳6カ月 早生まれの愛娘

サラリーマンの主人と

主人の母(お義母さん)と私

 

 

 

5人の同居生活と

愛息と愛娘の

教育のキロクです

 

 

 

キロクを通して

常に迷走している自分を

整えていきたいと

思っています(*^-^*)

 

 

文才なくお見苦しい箇所も

多々あるかと思いますが

 

 

仲良くしていただけると

嬉しいです♡

 

 

これからも

よろしくお願いします☆

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

今までの

愛息の備忘録と公文教材の内訳

公文式、我が家の進度

分析はこちら・・・☆彡

 

 

1年生公文算数A~

公文効果を上げるため

並行して取り組んだ

ドリルはこちら・・・☆彡

 

 

我が家の

早期教育

ついてはこちら…☆彡

 

 

公文式算数を攻略

するために

我が家でやった事に

ついてはこちら…☆彡

 

 

子供が『勉強しなさい!』

言われても強しない理由

ついてはこちら…☆彡

 

 

子供が『勉強しなさい!』

言われなくても勉強する方法

ついてはこちら…☆彡

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

 

只今、愛息は

6歳2カ月~7歳8カ月

約1年6カ月かけて

(1カ月は骨折のため

休会しています。)

 

公文国語は2Aスタートで

現在 DⅠ100 教材終了

(小学4年生レベル)

※5月いっぱいで休会(退会)

辞める理由は

こちらから⇒ ☆彡

 

公文算数はAスタートで

現在 G150教材

(中学1年生レベル)

 

※公文算数の

卒業について考える理由は

こちらから⇒   

 

 

公文英語はAスタートで

現在 GⅠ160教材

(中学1年生レベル)

(GⅠ150まで進んで

GⅠ1からスタートです。)

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

今朝は

公文数学G155~160を

 

前日に2枚・今朝3枚で

終了しました

 

 

今、苦しい所ですが

 

 

それでも1枚5~7分で

こなせるようになりました

 

 


もう、間違えも

ほとんどないので

文字式は大丈夫ですね



ここを超えると

1次方程式に入ります

 

 

 

先日の公文で

公文数学G161~165を

やらせてもらったようで

 

 

愛息

『方程式って

楽しいんだよ~♪』

 

 ふふふ…

始めは簡単に出来てるからね

ψ(`∇´)ψ


 

最近では公文を

攻略するために

やってることはないです

 

 

 

もう愛息任せ(。-∀-)

 

 

ただただ日々、自分で考え

鍛錬を積み重ねています

 

 

今まで公文の内容を

いちいち落とし込みながら

進んできたので

 

 

忘れて

抜け落ちているところがなく

 

 

愛息は公文算数に関しては

手間はかかりましたが

順調といえるのではないでしょうか

 

 

 

公文算数は理解が浅く

どんどん進んでしまうと

危険かと思います

 


 

しっかり計算能力が

積み重なって

理解し成長していないと

解けなくなってきます

 


 

という事は無意識に

今までやってきた単元の

復習も出来ているという事であり




新しい計算をやってると思いきや

今までやってきた計算の

ブラッシュアップをしていて



計算能力に磨きをかけながら

進んでいっている感じです。笑

 

 


 

現在、公文数学Gの

文字式の計算を

やっていますが

 

 

今までやってきた…

公文算数A~

 

 

整数のたし算・ひき算・かけ算・わり算

分数のたし算・ひき算・かけ算・わり算

正負のたし算・ひき算・かけ算・わり算

代数のたし算・ひき算・かけ算・わり算

 

 

全ての計算

ちゃんとできないと

解けません。苦笑

 

 

それと同時に

 

 

全ての計算

鍛錬を続けている事に

違いありません

 

 


公文のカリキュラムは

よく出来てますね☆

本当に素晴らしいです

 

 

 

ただ、年齢が低ければ

低いほど親の管理が不可欠


 

私が思う1番大切な

親の管理とは

子供の感情の管理です


 


進度に差がつくのは

 

 

子供の

向き不向き

得手不得手…

 

 

多少は

あるかもしれませんが

 

 

 

基本的に

子供の優劣ではない

と、思います

 

 

 

子供任せにして

良い習い事もありますが

 

 

 

費用対効果を考えても

公文は子供任せにして

良い習い事ではありません

 


 

目的にもよりますが

子供が楽しめるように

スピード感をもって

 

 


子供自身に成長を

実感させてあげる事が

 


 

公文の効果を上げる

近道ではないでしょうか

 

 


公文算数を

まだまだ未熟な

子供任せにする事の

 

 

最大のリスクは

毎日の貴重な時間を

費やすことです

 

 

それと引き換えに子供には

計算の盤石な基礎を

手に入れて欲しいと思います

 


 

大切な子供の時間と引き換えに

子供が身につく計算能力は

見合っているだろうか…

 

 

今のやり方が

子供にとってベストだろうか…

 

 

子供を見極め

監視するのではなく

管理する事が必要だ

と、思います

 

 

 

それは親以外には

誰にも出来ない事だと

考えます

 

***

 

これから始まる

 方程式を小学生のうちに

やらせてしまって良いものか

 

 

一抹の不安を感じますが…

 

 

方程式が最高に楽しい!

との事なので

まあ、良いか(。-∀-)?

 

 

 

公文をやってる限り

最適化を図ろうとしてしまうので

 


 私の悩みや迷いは尽きませんが

 

 

こうやって悩んでいる事は

私の成長になっているはず?

なので…(´-ω-`)

 

 


愛息が公文算数を続ける限り

あ~でもない

こ~でもないと

 

 

母も楽しみながら

公文算数を

見守っていこうと思います

(。-∀-)

 



 

⇩そんな公文式関連の

ブログがご覧になれます♡

にほんブログ村 教育ブログ 公文式(くもん)へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

***