「エイズキャリア」なんて
ハンディのうちに入りませんからね。
私はそう思っています。


「おでき」とか「アレルギー」みたいなもん。
って、私は思っています。



私が10代の頃から可愛がっていたエイズキャリアの
「デブちん」
15歳以上生きました。


「とろろじぃちゃん」は20歳の天寿を全うしました。

保護したての頃は、ふたりとも状態は良くなかったけど。ピカピカになってからは風邪もひかず、発症もせず本当に長生きしてくれました。


ふたりとも、老衰でした。




「細やかなケア」
「体調の変化を察する」ことは、どのこも一緒。



ノンキャリアでも、明日亡くなってしまうかもしれない。
キャリアっこでも23歳とか長生きするかも知れない。
未来は誰にもわからない。

正しい知識と細やかなケア。
そして愛情は、どのこにも一緒。




だからこそ。
「エイズキャリア」ごときで「怖い」と思われるのは私は嫌です。








ファーブル家の
「絶対サバンナでも生きていける♡」って思われていた、獰猛なエイズキャリアの浦太郎さん。


今では、来客対応の接客係となっております。
誰にでもすりすりする。

しつこいくらいにすりすり甘えています。
※甘えられるのなら誰でもいいです
※可愛いって言われるの大好き
※子猫より、俺を見てアピールがすごいです


※以前はなでなで棒を本気の噛みでへし折っていました
※私が近づこうものなら、目を狙ってパンチしてきました
♡笑


※何度流血させられたか
※初めてのトングでのお水交換やご飯の時間
※とても素手ではお世話できなかった







そんな見事な家猫に豹変した浦ちゃん♡
お見合いのお話を頂きました。















仲良しの徳さんと一緒。









幸せになってよ。
いつも可愛いけども。

かわいさ1000%魅せられますように★






エイズキャリアなんて怖くなんてない!!
みんなみんな幸せになれる!!

素敵な出会いとなりますように。
とびきり可愛いいつもの姿。
魅せられますように!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ファーブル家の里親募集中のこたちが見られます。

ひとりお迎えしてもらえたら、またひとつの命を救うことができます。


保護動物をお迎えする選択肢。

広がっていきますように。

みんな幸せになれますように


https://familyfabre0707.wixsite.com/-site