昨日の雷くんの病院。


ご支援をいただき、細やかなケアが出来ている今。
御心配、そして応援してくださる皆さまにいち早くご報告せねばと思っていたものの。

なんて言葉を綴ったらいいのか悩み。
ブログを開いては消して。

このモヤモヤを。
これからの事を。

どう文字にしていいのか、時間の合間ずっと考えていました。






最新の設備、技術、情報、全てが整った病院で診て頂きました。
本当に有り難かったです。
ありがとうございます。


以下。
昨日の雷くんの病院のことです。

●体重2.9キロ。食欲はあるのになかなか体重が増えないこと。
●エイズキャリアではなく、ダブルキャリアだったこと

●その為、治りが遅いこと
●上顎の上の炎症が酷い

●飛び出た眼球。
目の周囲か、目そのものどちらが原因かは分からないこと

●白血球が上がらないこと。血小板が減ること。
その為、骨髄の検査が必要になること。

●白血球を考えるとステロイドを使いたいけど。
目の感染を考えると、2つの薬の相性が悪いこと
ステロイドを使うと免疫が落ちること。

●腫瘍の可能性は低い
●今は炎症が治るまでオペが難しいこと
●今がベストな状態なのか、もっとお薬で良くなるのか、、培養検査の結果が出次第、始めるお薬で様子を見ること。

●眼球摘出オペも、状況次第で変わること。
瞼がないので、傷口塞ぐのが難しい。
術後のケアが大変なこと。
顎もまた炎症が強くなるであろうこと。
ダブルキャリアの為、傷口の癒着もかなり遅いこと

●麻酔のリスクは高いけど、オペは何度かに分けて、状況を見ながらではないとなんとも言えないこと

●骨の炎症も落ち着くのか。
炎症が酷い今。皮膚の移植が必要なこと。
だけど、菌のリスクが高いこと

●最低でも、40万のオペが3回必要なこと。
それ以外にCTやエコーの検査も必要になること。






お話させて頂いて。正直なところ。
温度差を感じたのが正直な気持ちです。

「ダブルキャリアだから、寿命を全うさせてあげる事はできません」

この言葉に、別の病院へ。
次の病院へときめました。



ダブルキャリアだって。
幸せになる権利はあるし。

幸せになれる。


私は、雷くんを信じてる。

「どのこにも幸せになってほしい」


この感覚や価値観はとても難しいけど。
先生との相性を今までも私は、すごく大切にしてきました。






皆さまからのお心寄せあってこそ。
妥協も勿論したくないし、ベストを尽くすことが出来る。


次へ進もう。
らいらいへ出来る全てのことを。



「寿命」なんて誰が決めたの?
誰が決めるの?


あんな酷い状態で保護された雷くん。
うんと良くなってる今。


雷くんの「生きたい」気持ちは誰にも負けない。














どんなこだって。
幸せになれるよ。


雷くんに私は約束したもん。


絶対良くなる!!
幸せになれる!!


絶対絶対、幸せになる。

明日はもっと良い日になる。
毎日幸せいっぱいで包むんだ。






報告書が届き次第。
次へ進みます。


出来る事はあるはず。
日々、ベストを尽くせるように。


後悔なんてしないように。


言霊にしたんだもん。
そうなるよ。


雷くんは幸せになれる。
明日も最大限、出来ることを。