「がり勉!」って言葉がありますが
まさかの次男は
がり勉に入るのかも⁉︎

でもがり勉はがり勉でも、なかなかトップには
なれずに、いつも本人が言っているのは
僕はやらなきゃ出来ないタイプ。だと
自分で理解して努力している次男リオ。
↑なんとも健気。


昔から、勉強しなさい!
と一回も言った事がない私。
子に恵まれてます。
塾は行きたくない。とずっと言っていましたが
やっと週に1日だけ通うようになりました。


小学校低学年〜これまではずっと
自分で計画をたてて勉強をプラン通りに
進めていく方法が相当に
気に入っているようです。

競泳アスリートで世界を目指すのも
どんだけ泳がなければならないのか!?
と最近に想像が付き、少しゾっとしますが…
また勉学というのも、限りなく勉強なんですね!
時間でいったら勉強の方が長い時間費やす事が
できるので、こんなにも勉強ってするの!!
と、あまり勉強をしてこなかった私からすると
驚いてしまうのです。

次男は小学校からご縁あって国立の小学校へ
通っています。中学もそのまま上へ上がりました。
小学校から自らの意欲を育んで頂き
勉強をする習慣を小学校により
身につけて頂いたせいか…

もう今日はいいんじゃない?
と言ってしまう程、自宅で勉強する子供に。
学校には大変に感謝しています。

最近は更にパワーアップ、まーすごい!
私が夕方に帰宅すれば、もう椅子に座って勉強
夜、プールレッスンから帰っても
まだ椅子に座っている後ろ姿。。。


最近は、私がAM5:00に目を覚ますと
朝方もまた、椅子に座って勉強しています。
大丈夫なのか?

5年生頃からは、自宅で椅子に座っている姿しか
印象にない程です。


親として頭が下がります。
何でこんなに勉強するのか…できるのか…
"尊敬に値する根気"
ただ東大に行けるような頭脳ではないかもしれ
ませんが、こんなに長く集中できる。
これも一つの才能でもあるのかもしれません。

こんなに自ら努力しているので
親があれこれ進学校に口をだせません。
再来年に高校受験、大学となりますが
行きたい学校へ行けますように…
と心から願うだけの母親です。