ハンティング・パーティー

テーマ:

ハンティング・パーティー


リチャード・ギアが実在する命知らずの戦場テレビ

レポーターを演じ、解雇になってもフリーで続けて借金

まみれになり、遂にはアメリカ政府が懸賞金を掛けた
極悪戦争犯罪人をインタビューと偽り、仲間と生け

捕りにしようとした実話を原案にして映画化したもの。


共演は、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバー

グ、ダイアン・クルーガー、リュボミール・ケレケス、

クリスティナ・クレペラ、ジェームズ・ブローリン、

ディラン・ベイカー。

監督&脚本は、「ニューヨーク恋泥棒」のリチャード・

シェパード。

ボスニア紛争終結5年後の2000年、サラエボ。

記念式典の取材のため、5年ぶりにこの地に降り

立った元戦場カメラマンのダック。彼の前に、かつて

戦場リポーターの頂点に輝きながら破滅し、消息を

断っていた元相棒のサイモンが姿を現す。

戦地を離れ、ニューヨークで出世街道を駆け上った

ダックとは対照的に、サイモンは、危険地帯を渡り

歩き、幽鬼のような姿に成り果てていた。

驚くダックに、サイモンはさらに驚愕の言葉を吐く。

「ぶっ飛ぶようなネタがある」。そのネタは、500万

ドルの報奨金をかけて国連やNATOやCIAが捜して

いるにもかかわらず、逮捕できない、重要戦争犯罪

人フォックスの潜伏先の情報だった。

どこまでが、本当なのか分からないが冒頭であり

得ないと思う部分こそが事実であると注意書きが

出る。リチャード・ギアのかなりイッチャッテル演技

は面白いが、途中で制作費が無くなったかのよう

な唐突過ぎるラストが気になる。もっと時間を掛け

て、じっくりと描いて欲しかった。

103分 シャンテ シネほかにて全国ロードショー