塗装を塗り替えて金ぴかになったアサヒビール本社のオブジェ

 

不思議な形ではありますが観光名所となった功績は大きいのでは

 

 

 

オブジェからほど近い本所吾妻橋駅前にある「ゆで太郎」

 

関東一円に150店舗超を展開する立ち蕎麦チェーン店です

 

小諸そばが好きな私はここの蕎麦は1度しか食べた記憶がありませんww

 

そうそう私がこのブログをアップするには理由があります

 

1コイン以下で食べられる名店の味と比較したかったからなんですねぇ~

 

いやらしいですねぇ~

 

 

 

「中華そば」の幟と“こだわりの一杯できました”の文言が気になっちゃいます

 

大手チェーン店が390円でどこまでの中華そばが提供できるのでしょう???

 

 

 

ゆで太郎に限らず小諸も富士そばもセルフサービスはコストダウンのための常道

 

券売機でチケットを買ってから食券をカウンターに置いて待つこと数分です

 

 

 

中華そば 390円

 

ん~見た目は社員食堂か大学の食堂っぽい・・・

 

 

 

豚・鶏・煮干し・鰹節のスープとは書いてありますが超うすっぺらい

 

もはや何を使っているかというよりラーメンとして完成していない

 

 

 

麺はどっこにでもある多加水の中華麺

 

コンビニで売ってる200円代後半の高級カップ麺の方が味も麺も完成度が高い

 

 

 

 

メンマとチャーシューは取りあえず入っているレベル

 

こんな中途半端な具などいらないからスープに力を入れてほしいなぁ

 

 

 

カエシが強いので出汁が感じない とにかくバランスが悪く心が寒々としてくる

 

しかしながら300円代でも驚くくらい美味いラーメン屋が存在する

 

 

 

三益(荻窪)350円

 

荻窪の老舗ラーメン店です ここで食べるラーメンは胸が震えます

 

 

 

らーめん三吉(銀座)300円

 

銀座です・・・銀座で何十年もこの価格をキープするのは奇跡の偉業

 

不揃いの自家製麺に己の人生を重ね合わせちゃいます(^_^;)

 

結局何が言いたいか・・・・・ゆで太郎の390円はメチャ高い

 

以上ですww

 

チェの好み度( ..)φメモ

★★☆☆☆☆☆☆☆☆