皆さん、おはようございます晴れ

ちょい鼻風邪ひいたみたいでモンモンとしている今日この頃・・

でも麺活は行く気マンマン(〃∇〃)


先日、BUBUさんからのお誘いを受けていた「伊藤ツアー」

ケータロス(半角)さんも一緒みたいです。火の神メラメラ鶯谷に来る。コワッ


でも・・仕事の都合か付かず、当日ドタキャンしたche


でも、何とか2軒目の「遊」さんに合流できました♪

皆さんご無沙汰ですごめん

チェの天下御麺

BUBUさんは、間違いなく小百合で現れると思っていた。

そのため、急遽、鶯谷のウグイス嬢「久美子」を調達。


「遊」の前で待つ。
かなり不安定でビビる(゚∀゚ ;)タラーチェの天下御麺

チェの天下御麺


あれ~!ITさんもご一緒でしたか!

では映倫モザイクメンバーを紹介しましょう。


奥から

火の神ケータロスことケータロスさん (まんま・・)

HATは五反田遊楽大使のBUBUさん

そして手前が二郎が主食のIT二郎さん


BUBUさんは濃厚煮干食べたかったようですが今回は無かった。

でもぶっちゃけあの麺はあまり好みじゃなかったなぁ^^;

チェの天下御麺


過去4回も来てるのに遊の店内写真が無かったのでパチリかめら。

狭い厨房ですが、無駄のない配列でこざっぱりしてますね。

チェの天下御麺


雑談する間もなく「中華そば(中)+つゆ増」が着丼。
チェの天下御麺
チェの天下御麺


まずはスープを一口。

ガツンとくるねぇ~ビックリマーク


先日浅草の「自家製麺 伊藤」 で食べましたが、

「遊」の方が断然動物系のベースがしっかりしているので、

煮干の旨味とコクが最高に引き立っている。


改めて食べ比べると違いがクッキリ出ますね。

王子伊藤で食べてきたケータさん、BUBUさんもこの違いには驚きを隠せない。

隠さなくてもいいんだよ~正直に生きようね~クエー

チェの天下御麺



麺は三河屋製麺の細麺。

いつもながら硬めで茹で上げられた低加水麺は歯ごたえ抜群。

王子よりも若干モチッとしているけど、遊のスープにはこの麺が合ってる。
チェの天下御麺


遊はチャーシューは1切れだけ入っている。

存在感のあるカタマリで美味いですよ~ニコニコ


※王子や赤羽系伊藤では肉そばを注文しないと肉は入ってません。

チェの天下御麺


最後にビアグラスビールのように沢山の泡がドンブリお淵に残るのが「遊」の特徴。

エグミを旨味に変えるギリギリのところが遊の真骨頂かも知れない。


cheはここで皆さんとはサヨウナラ急ぐ

短い時間でしたが、皆さんありがとうね~(^ε^)

チェの天下御麺
店名:麺処 遊(ゆう)

場所:東京都台東区根岸1-3-20

交通:JR「鴬谷駅」or日比谷線「入谷駅」

営業:【月~金】11:30~20:00【土・日・祝】11:30~17:00

定休:不定休

写真:中華そば(中)700円+スープ増し100円