どんな練習してるの? ~後編~ | えるそるバク転教室 スタジオえるそる

えるそるバク転教室 スタジオえるそる

東京でバク転を習うならここ!

木曜日
19:00~21:00
日曜(不定期開催)
13:00~15:00
教室の様子や情報を随時更新していきます。

さあ、あとは思いっきり跳ぶだけだ!!



いよいよレッスンも後半戦!


前回の前半戦のレッスン で、きっとバク転のイメージがつかめているはず!


ということにして、生徒さんの心の準備などお構いなしにレッスンは進んでいきます(笑)





いきなり思いっきり跳んでもらう訳ですが、




安心してください!




いきなりは、回りません。




こんな感じで、高級ホテルのベットにダイブするかの如く、

背中からドサッとエバーマットに飛び込んでもらいます。


一見すると、誰でもできるアホみたいな動きですが、

バク転を練習するにあたり、非常に重要です。


後方斜め45度に向かって、身体を反らせて飛び出す!!


これがバク転の50%は占めていると思います。

なので、反復練習していきます。




続きまして、


ここから先は、補助付きですが、地面に手を付けるとこまで進みます。



こんな感じで、真後ろから腰を両手で支えます。


あとは、先ほどエバーマットにダイブしたのと同じことをするだけです。





先ほどはこの辺まで飛び出して、あとは落ちるだけでしたが、



高いところで腰が支点となって、頭が下がっていきます。



すると地面が見えてくるので、手を付きに行きます。



手を付いたら、腹筋使って足を地面におろしに行きます。


前編でも触れましたが、

必ず手を付いてから足をおろしに行きます。


ちなみに、補助が二人いるときは、









このような支え方もおこないます。


さて、この練習を繰り返していると

ほとんどの方が後ろに跳ぶことにそれほど抵抗がなくなっています。


ほんの1時間前には自分が後ろに跳んでることを全く想像できていなかったにもかかわらず。



そしてある程度自力で手を付けるまでになったら、補助を軽くしていきます。



講師は横に立ち片手で腰を支えます。



あとは


跳ぶのみ!!







だいたいこのような流れで練習していきます。


ここまで来たら、あとは反復練習あるのみです。



個人個人で気を付けるコトは違いがあります。

ある人はジャンプの踏みきりだったり、

またある人は腕の振りあげだったり、

意外と頭をフル活用しながら、身体を動かしていきます。



さて、レッスン内容も理解していただけたと思いますので、

不安要素はかなり減ったのではないでしょうか?


いいですか、


あとは跳ぶだけです!!





それでは今回はこの辺で!

次回もお楽しみに!



--------------------------------------------------------------------------


参加してみたい方はこちらまで!
https://www.studio-elsol.com/book-online