どんな練習してるの? ~前編~ | えるそるバク転教室 スタジオえるそる

えるそるバク転教室 スタジオえるそる

東京でバク転を習うならここ!

木曜日
19:00~21:00
日曜(不定期開催)
13:00~15:00
教室の様子や情報を随時更新していきます。

後ろに跳ぶのって怖くないの⁉



できたらカッコいいけど、何が躊躇させるかって、

見えないところに頭から突っ込むのが怖い!


さあ、跳べ!と言われて、

いきなり後ろに回れる人は極々少数です。


まれに恐怖心のリミッターが外れてる方がいらっしゃいますが、

おしえる側からすると、たまに冷や汗モノです。



そういうわけで、えるそるバク転教室では

後ろに跳ぶ恐怖心を徹底的に取り除いていくことを第一にしています。


いきなりできてしまう人には、少し堅苦しいかもですが、

バク転の動き動きを分解して、一つ一つ段階を踏んで練習していきます。




それでは実際にレッスンで何をしているかを紹介していきます!


まずは準備体操



痛めやすい手首、足首は特に重点的にストレッチをします。



次は体操の動きに特有の縦回転になれること



小学校でやった懐かしの前転後転をして、身体に縦回転の感覚をつけます。

久しぶりに運動します、という生徒さんは、意外とこれがしんどいみたいです。



そして次はバク転でも大事な倒立の練習です。

体操の基本中の基本。とても大切な技です。



見た目は簡単そうですが、

手の付き方、肩入れ、身体の締め、バク転に必要な足のあふりと手の押し。



倒立の練習は実はやること沢山なので、しっかりと時間をとってやっていきます。

バク転を何とか回れるようになった時に、この倒立の身体の使い方ができていないと、

あまりキレイなバク転にならないのでもったいないです。



次は実際のバク転の動きを体験します。

が、いきなり跳びません。

どういう軌道を通って、どういう動作をするのかの体験です。



手を上にあげて立ちます。

講師が背中合わせで立ち、手首を持ちます。



後ろにのけ反りながら地面に手を付けに行きます。

このとき、身体に力を入れて背中や腰が丸まらないように気を付けます。


手を付くまでは、足を地面にもっていかないようにします。

バク転は身体を反らせることが大切です。





地面に手を付いたら、腹筋をつかって足を振り下ろします。

じつは意外と腹筋つかうんです。

ある程度回れるようになってくると、ここで足が伸びてるかどうかでカッコよさが変わってきます(笑)



ここら辺までが前半戦です。

ここからいよいよ後ろに跳んで回るんですが!!


それは後編でお伝えします。



それでは今回はこの辺で!

次回もお楽しみに!


-------------------------------------------------------------------


参加してみたい方はこちらまで!
https://www.studio-elsol.com/book-online