学校での合唱伴奏のオーディション | musikkのブログ

musikkのブログ

ブログの説明を入力します。

ある1人の生徒さんのお母様から、数週間前、突然連絡をいただいた。それは、娘が突然学校の合唱伴奏のオーディションを受けたいと言うので、それをレッスンしてもらいたい、とのことだった。

その生徒さんというのは、実は、普段あまり練習もしない、弾きたいという曲を弾かせてあげても、もう飽きたから、もうやめとく、と言うような、決して熱心な生徒さんではなかったし、そして、その曲は、というと、、、うーん、とてもその子が、1週間2週間で弾けるとは思えない難しい曲だった。

でも、頑張る、という、その意欲を是非どうにかしてあげられたらと、出来る限りのレッスンをしてあげようと決め、私がレッスンできない時は、アシストしてくれている先生にお願いし、おけいこに来てもらった。

すると、どうでしょう!あんなに練習をしなかった子が、どんどん弾けるようになっていくではありませんか!お母様に尋ねると、学校と寝る以外は、ずっとピアノを弾いているんです、と。

明日、オーディションをしてもらえるらしいので、今日が、その最後のレッスンだったのだが、まあ、驚くほど上手に弾けるようになっていました。

幼稚園の時から来てくれていて、音感も良いこともあったのですが、このように必死で意志強固に練習してきてくれたのは、初めての事でした。

私も勉強させてもらいました。
人間、やればできる。何事もあきらめるな。そして、子供達の能力を絶対に決めつけてはならない、と。

明日、上手くいくと良いね。でも、もし、上手くいかなくても、あなたの頑張ったこの数週間は、あなたにとって、きっと宝となるよ!

Good Luck!