二種類の職業

テーマ:
Facebookから↓


【世の中には2種類の職業しかない】

「世の中には2種類の◯◯しかない」という表現をよく見聞きしますよね。
以前、「小説家には2種類ある。宮部みゆきとそれ以外だ」という言葉を知ったときには、すごいなーと思いました。
でも、今回はさらにびっくり。
「世の中には2種類の職業しかない」
というんです。
  
目端の利く方は、
「経営者と被雇用者かな」
「つまり、社長と社員」
なんて、すぐに思いつくかもしれませんが、
  
それなら、私にも考えつきます。
というか、以前はよくそう思っていました。
  
ところがそうじゃないから、驚きました。
しかも、しっかり勉強して、良い学校に入り、良い会社に入り、がんばって働く――ことを美徳と教えられている日本人にはない発想です。
  
グローバルにものを考えると見えてくることがいろいろとあります。
 
日本人の価値観、常識、当たり前だと思っていることがどういう意味をもっているのか。
インターネットの普及した時代だから、日本を外側から見ることは簡単なのです。海外の情報、価値観を知ることはそれほど難しくないわけです。
  
  
そんな大局的な立場から見ると、個人のビジネスをどのように舵取りしていったらいいのか、はっきり見えてきます。


『Work less, earn more !!
あなたのお仕事の一部を自動化して、自由な時間を増やしましょ。
大切な人との時間を楽しみましょう。』




なんとなく、わかります(^_^)


体を働かせるのではなく、〇〇を働かせて収入の入口を増やしましょう!



って事なんかなぁ?

と思うのですが(^。^)