前回に続きミハエルは3日目に入り天地創造の続きに取り掛かった。


神は3日めには大地と海を作り植物を植えたとあるが、ミハエルは谷(最終的には川になるが)になる部分をを大地からジグソーで切り取り、川底となるベースを取り付けるためのスペーサーを取り付けた。そして川床も取り付けたが、果たしてこの歪さで本当に川になるのだろうか?


 Foto 大地の切れ込み

 
  
 
Foto 川床を取り付け

 
  
 

Foto 線路施設予定地を茶色に塗った
 

 
 
 

Foto そして山の製作に入る。山は5cmのスタイロフォームを4枚重ねで標高20cmとなる。トンネル部分は多くの車両が通過できるように10cmの高さにカットした。

 
  
 

Foto 標高20cmの四角い山です。未だ浸食がされておらず、これから土(スタイロフォーム)をカッターで浸食していきます。とりあえずテスト走行をしトンネル内の安全性を確認。

 
  
 

Foto 橋脚部分の基礎を製作

 
  
 
 

Foto そして基礎部分に石垣を貼り付けます。これで橋脚部分が崩れなくなりました。

 
  
 
 

Foto 線路の施設です。本当はフラィッシュマンのプロフィーを使いたかったのですがすぐに入手出来るカトーのユニトラックを使用することにした。ポイントはDCCデコーダーを取り付けたのでポイント配線はまったくなしです。これはとても簡単、ポイントはR490ターンアウトを利用。日本型はちょっときついかも?
 

 
 
 

Foto 開放型トラスブリッジを施設、フォルマーのR360単線用を複線用に改造して取り付けた。
レイアウトでは橋をまっ先に取り付けなければならないのです。自然の摂理には逆らっています。

 

とりあえずはここまで 、


次回は地面作りに入ります。
AD