エルマートレイン美術部のミハエルです。

先日、夜中に神からのお告げがありました。10日間で定尺のレイアウトを作りなさい。
びっくり仰天、でもいいか、スタイロボードに芝マットを引いてレールを引いて、ストラクチャーを置けば簡単に三日ほどで出来ると鷹をくくっていた。しかし考え方が甘かった。

さらにお告げが、持ち運びが出来て、複線のエンドレスがあり、駅と車庫そして山と川もほしい、ええっ。さらに分割もできれば車に乗せやすいし、・・・十戒ではないか地面が割れるなんて?
しかしミハエルはお告げに従わざるを得なかった。まさしく神になった気持ちで一週間で約一畳の ヨーロッパの世界を作ることになった。まさしく天地創造、月曜日に作り始め、土曜日には完成できるか。


 まずはプランニング スペースの関係で外周の複線部分は他に方法がないのでこれで決定。
あとはヤードの配置です。右か左か?Foto プランAorB


プランA


   

プランB

    

 トラックは最近発売されましたカトーのR1.R2.を使用し、ポイントはデジタルデコーダーを利用する。ただしDCCポイントデコーダーは左しか手に入らなかったので線路配置は右側ヤードに決定。では制作開始。


1日目はプランニングと買い出しで終了。
では、天使ミハエルはホームセンターへ一目散、天地創造の元は土ではなくべニア合板であった。板厚は14mm厚の182cm×91cmのポプラ合板2枚を購入。その後すぐにカットして頂きました。

Foto:ホームセンターで指定寸法に裁断してもらいました。

 
 

 


Foto:その後指定された長さに切断後、組み立て用のガイドの角棒を固定。

 


 

2日目はベース部分の組み立てです。ちゃんと台地が2つに分かれるように、枠は合板の外に捲かれるように取り付ける、地震や津波が来ないように、人が乗ってもびくともしないものが出来上がりました。天使ミハエルは悦に入っていました。

  

 本日はこれでおしまい、ミハエルは明日のために床に就きました。


予告 
次回は線路の敷設と山川作りをお楽しみに。

AD