ケイ素の効果

テーマ:

 

 

健康や美を保つ成分として、

シリカ(=ケイ素)に注目が集まっていますピンク音符

 

体内での働きと効果

実はシリカ(=ケイ素)は、ケイ酸塩として

皮膚や骨、毛髪、爪、血管、細胞壁など、

人の身体の様々な部位に含まれており

なかでも皮膚への含有量が一番多いそうですキラキラ

 

体内に含まれるシリカは肌の保湿、

骨や毛髪、爪、コラーゲンの再生などを手助けしていますウインク

 

つまり健やかな素肌や強い骨、

しなやかな髪には、シリカの働きが少なからず関係してるんです!!

 

特に肌の弾力を保つのに必要なエラスチンや、

潤い成分であるヒアルロン酸を結びつけ肌を丈夫にしてくれる

働きがあるため、健やかな肌には必要不可欠な成分なんですよ星

 

シリカが含まれる食品

 

ワカメの茎、アサリ、昆布、大豆、ゴボウ

ワカメのケイ素含有量は4.8mg/100gだそうです!!

 

大人が1日当たりに必要とするケイ素は9mgですから、

含有量の多いワカメで考えても、

毎日200gずつ食べなければならないという計算になりますびっくり

 

ケイ素不足になるとどうなるのか

ケイ素は皮膚や骨、毛髪、爪など身体の様々な部位に存在していて

それらの成長促進や再生を手助けする役割を担っています

 

例えば骨を強くするためにはカルシウムが必要とされていますが、

実はカルシウムを効率良く補給させるためには、

ケイ素の働きが重要なのです!

 

その他にも、肌、爪、毛髪、歯などの老化も

ケイ素不足が関係していると言われていますガーン

 

 

ケイ素を不足させないようにしていきましょう爆  笑

 

 

 

E美キラキラ