彩10回記念 黒の舞妓

テーマ:

2014年に初めて行ってから、何度か体験。

今回で10回目になります。

うち2回は芸妓だったので、舞妓は8回目。

意外と多いような、少ないような…?

(実は、舞妓の専門店でない某お店の方が回数は多かったりします)

 

老舗装束店を出てから、Yさんと近くの定食屋さんでランチ。

和食で美味しかったけど、ちょっと味が濃いかった。

980円は、日常のランチとしては、少しイタイ価格ですね。

 

裁判所前のバス停から東山安井まで出て、少し時間があったので、

安井金比羅さんへお参り。何かイベントがあったのか、

以前来たときより人が多くて、ザワザワしてました。

 

彩の近くのお菓子やさんで予約時間まで涼ませてもらおうと店に入ったら、

お菓子の試食とお茶を出して頂き、甘いものがちょうど欲しかったので、

ありがたく頂きました。申し訳ないので、お菓子3個セット購入しました。

ところが、この「しっとりほっ栗ケーキ」というのがその名の通り、

しっとり食感。実に美味しくて、帰ってから3つとも全部、

自分で食べちゃいました。

機会があれば、ご賞味あれ。

 

http://ritsuami.com/item.html

 

彩さんには午後2時ごろ入店し、Yさんは芸妓と舞妓で少し迷っていたけど、

舞妓で決定。あとは着物選びです。

私は赤と黒の着物で迷いましたが、黒に決定。

松模様の豪華な着物です。かんざしは、とんぼで。

メイク担当は、おそらく彩スタッフで一番若いと思われる、綺麗なお嬢さん。

イメージは、「お姉さん舞妓」でお願いしました。

 

プランは3枚室内撮影があります。

舞妓なので、踊っている感じでやってみましたが、

なんなんでしょうね、このポーズ。

 

 

ズームを変えたカットもサービスで撮ってもらえます。

 

 

Yさんは、黄緑の着物に藤?のぶらの付いたかんざし。

窓際に座るポーズを選択です。

基本、マイカメラの撮影はスタジオではNGなのですが、

プロの方の撮影の邪魔にならないようにノーフラッシュで控えめなら

大丈夫だそうです。

妹舞妓ちゃんのイメージで、Yさん可憐やわぁ(●´ω`●)

 

 

 

座って振り向いているだけのカットですが、これが結構、首がツライ。

帯は紫ですが、緑色の帯も捨てがたかったです。

 

 

もちろんツーショットも撮影して貰いました。

ワンパターンの鼓持参です。

 

 

サービスカットも。

 

 

30分散策を追加しまして、行ってきまーす。撮影してくれた

スタッフさんの影が映ってますね( ´艸`)

 

 

後ろに見える高い建物は、ホテルオークラの創始者が建設したものだとか。

 

 

散策中は、観光の方に何度か撮影一緒にいいですかー?みたいに言われました。

もちろんこんな時間に舞妓が出歩くのはないので、一目で偽物と

わかると思いますが、やはりもの珍しいのでしょうね。

しかし、思ったよりは写真攻撃にも合わず、時間内に散策を終えることができました。

 

 

最後にお店の前でツーショット。黒の着物、たくし上げるとイメージが変わるので、

室内で撮る方がやはり好みです。

 

彩での体験、通算10回目でした。次回は、お正月の時期にまた、正月正装な

イメージでの舞妓を考えています。