心を整えるためのTips|対人悩みの根本的な解決法は○○? | 漢方と薬膳ブレンドティー専門店ソレイエル|SOLEIEL Official Blog

漢方と薬膳ブレンドティー専門店ソレイエル|SOLEIEL Official Blog

薬膳ハーブティー専門店SOLEIEL(ソレイエル)。ワンランク上のオートクチュール薬膳香茶ブランドSOLEIEL Ralum(ソレイエルラルム)。「体を癒し心を整える」をコンセプトにした東洋ハーブティーで、暮らしを愉しむ Grace & Noble Blendをお届けします。

 

こんにちはクローバー

今日は久しぶりの雨模様。

 

雨の日は心静かになるので昔から大好きです。

中心軸に戻りやすい、とも思っています。

 

 

 

長年、いろんな方のお悩みを伺ってきましたが、

体の症状の悩みの奥には

ほとんどと言っていいほど「心の悩み・ストレス」が潜んでいます。

 

 

そして、ストレスの多くの場合が

「対人関係」なんですね。

 

 

そこで、

 

今日は「人間関係の悩みを解決する」方法

 

について、少し書いてみようと思います。

 

 

 

結論から言うと

 

それは

 

「相手への期待」と「自己受容感」

 

が原因と解決の方法の鍵となります。

 

 

 

 

 

「自分をどれだけ好きか」

 

ということが解決の糸口になるんですね。

 

 

 

 

日本人は「いい人」が多いです。

 

 

 

私も幼少時から教会に通っていたこともあって

「いい子でいよう」

「いい人でいよう」

と、思っていました。

 

 

 

でも、

「いい人である」って、

 

同時に

 

「いい人に見られたい自分」

「傷つきたくない自分」

 

ではないですか?

 

 

 

 

家族のために〜

友人のために〜

同僚のために〜

 

自分より相手を優先して動いている。

 

でも、その結果、

 

うまくいかなかったときや

疲れ果てたときに、

 

イライラしたり

怒ったり

ムカついたり

落ち込んだり

 

そうなりませんか?

 

 

 

 

それって、

「人に与えている」ようで

 

実は

「期待する反応を相手から奪っている」

 

とも言えます。

 

 

 

こっちはこんなにあなたのことを思っているのに〜

こんなに尽くしているのに〜

自分を犠牲にしてまでやっているのに〜

 

 

「なんでそんな事言うの?」

「なんでそんな反応なわけ?」

「超失礼じゃない?」

 

 

自分の期待とは全く異なる態度をとられると

そう思ってしまう。

 

 

 

 

 

「相手に対する期待」

 

が、

 

自分の波動を乱す感情を生み出しているんですね。

 

 

 

 

そしてもう1つ。

 

 

「自分を犠牲にして〜」

 

これも実は大きなポイントです。

 

 

 

自分を幸せにしてくれるのは

他のだれでもなく自分です。

 

 

ついつい、

私たちは自分ではない他者に幸せを依存してしまいますが、

他者に幸せを依存していても

他人は他人。

 

一生涯、24時間、

常に貴女のことを幸せにしてくれる存在ではありません。

 

 

親が自分のすべて

子供が私のすべて

 

女性は特に家族に幸せの要因を見出すことが多いです。

 

それももちろん幸せであることは間違いありませんが、

そこに執着して依存していると

相手の言動・行動うんぬんで自分の感情が左右されてしまいます。

 

 

自分を生涯通して裏切らない唯一の存在

それが

自分自身なのです。

 

 

 

だからこそ、

 

自分をとことん愛して

自分をとことん満足させて

自分をとことん大事にする。

 

 

そして、

 

満たされた自分の幸せのコップが溢れ出した時に

 

他の人にも幸せの水を分け与えてあげる。

 

 

 

それが、

『相手の反応が欲しい 条件付きの利他の行動』

ではなく

『自然な利他の行動』

となるのですね。

 

 

 

自分が満たされた状態で 誰かのために動いた時、

 

そこには相手の反応は関係なくなります。

 

だって、自分が満たされていますから。

 

 

 

自分が我慢して 自分を犠牲にして

『いい事』をすると、

相手の反応が自分の幸・不幸を左右します。

 

自分自身が満たされた幸せな状態で

『いい事』をすると、

それは自分にとってほんの些細な行動となり

相手の反応は気にならなくなります。

 

だって、自分はすでに幸せなのだから。

 

 

 

自分のことを、自分が一番愛してあげる。

 

 

そして自分のことを、

好きな他者も嫌いな他者もこの世にはどっちもいるのだ、

と受け入れる。

 

その上で、

でも、それは、あくまで他人のこと。

 

人の感情は変わるものだし、

自分でどうすることでもない。

 

 

 

自分の外に幸せを求めるのではなく、

自分自身をもっとも大切にして

自分自身をもっと満足させてあげて

自分自身を優先してあげる。

 

自分のコップを常に満たすことを考える。

 

 

そうしたら、

もっと純粋に素直に

周りに愛を分けることができるようになる、

本当の意味で心から人のために行動できる人間になれる、

 

ですね。

 

 

 

自分を愛してあげることから

すべては変わり始めます。

 

 

今日もいい1日になりますようにピンク薔薇