心を整えるためのTips|悩んだ時は外ではなく内に答えを探す | 漢方と薬膳ブレンドティー専門店ソレイエル|SOLEIEL Official Blog

漢方と薬膳ブレンドティー専門店ソレイエル|SOLEIEL Official Blog

薬膳ハーブティー専門店SOLEIEL(ソレイエル)。ワンランク上のオートクチュール薬膳香茶ブランドSOLEIEL Ralum(ソレイエルラルム)。「体を癒し心を整える」をコンセプトにした東洋ハーブティーで、暮らしを愉しむ Grace & Noble Blendをお届けします。


テーマ:

仕事で悩んだり

人間関係で悩んだり

 

 

私は人一倍、悩みを抱えやすく

メンタルの状態が体調や行動にも出やすい性格でした。

 

 

一番わかりやすいのが

最大限の不安や心配事などのストレスを抱えると、

ご飯が全く食べられなくなります。

 

 

そして、解決すると

すっかり元どおりに食べれるようになります。

 

 

食欲は私の精神状態のバロメーターのようです(笑)

 

 

 

悩んだ時に貴女はどうしていますか?

 

 

 

昔の私は、とにかく誰かに頼っていました。

 

一人ではどうしようもなくなり、

何も手につかなくなり

何もできなくなり

不安が不安を増幅させ

 

誰かにSOSを発して寄りかかるしか

自分を支えるすべがありませんでした。

 

 

 

でも

それでは何も解決できない、と

心のどこかでは分かっていたのも本当です。

 

 

そして、

その最悪な波動を上げて中心軸に戻るためには。

 

 

「自分で自分の波動を上げることをする」

 

 

ことしかない、と教えてもらいました。

 

 

 

誰かにしてもらうのではなく、

自分でするのだと。

 

 

 

迷った時には

「すべての答えは自分の中にある」

のだそうです。

 

 

 

自分への信頼

自己肯定感

 

ここでも、またしても重要になります。

 

 

自分自身をどれだけ信頼しているか

自分のことをどれだけ愛しているのか

 

です。

 

 

だからこそ、

何かあったときには、

自分で自分の波動を上げて上げることがとても助けになるんですね。

 

 

そのためには

普段から自分自身の波動を上げてくれることを

意識して探しておかなくてはと思いました。

 

 

いざ、どん底に落ちた時に

どうやって自分を上げていこうか。

 

 

「心地よい」コンフォートゾーンを探し続けます。

 

 

自分が「楽しい」というより「心地よい」行為を探します。

 

 

その方法を自分で知っていることで、

どん底になったときに

自分自身でそこから這い上がることができてくるのです。

 

 

私は

 

メンターの波動を感じること

人生の指針となるような本を読むこと

アウトプットをする

 

この3つが、どうやら中心軸に戻すのに有効なようです。

 

 

 

昔々の学生時代に

「悩んだときは本を読め。

悩みというのは情報量が少ないから起きる現象だ」

と、教えてもらったことがあります。

 

 

なるほど、

学生時代はもちろんのこと

今でもそう思える言葉です。

 

 

本を読むと、必ずひらめきがあります。

インスピレーションをもらえます。

 

 

そこから、何らかのアクションを起こすことで

悩みから少しずつ脱出できている実感もあります。

 

 

 

迷ったら外ではなく、自分自身の内側の声に耳を傾ける。

 

なかなか難しいですが、自分の人生を生きる大切なTipsであると納得の毎日です。

 

 

今日も良い1日になりますように。

 

Have a sparkle dayピンク薔薇