エリザベス女王杯の予想。レース傾向とデータ分析2018

エリザベス女王杯の予想。レース傾向とデータ分析2018

第43回 エリザベス女王杯(GI) [2018/11/11 京都11R] 出走馬、軸馬、レース傾向などの情報を無料で提供します。


テーマ:

11/11(日)に京都11R・芝2200mにて
《エリザベス女王杯》が開催されます。

 

 




レベルの高い3歳馬と古馬の激突が
見られる秋の女王決定戦。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==============
エリザベス女王杯の出走馬
==============

枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ハッピーユニバンス 56.0 松若風馬
1 2 フロンテアクイーン 56.0 蛯名正義
2 3 レイホーロマンス 56.0 福永祐一
2 4 プリメラアスール 56.0 幸英明
3 5 レッドジェノヴァ 56.0 池添謙一
3 6 アドマイヤリード 56.0 藤岡康太
4 7 モズカッチャン 56.0 M.デムーロ
4 8 カンタービレ 54.0 C.デムーロ
5 9 クロコスミア 56.0 岩田康誠
5 10 ヴァフラーム 56.0 川又賢治
6 11 スマートレイアー 56.0 武豊
6 12 リスグラシュー 56.0 J.モレイラ
7 13 ノームコア 54.0 C.ルメール
7 14 ワンブレスアウェイ 56.0 津村明秀
8 15 エテルナミノル 56.0 四位洋文
8 16 コルコバード 56.0 浜中俊
8 17 ミスパンテール 56.0 横山典弘


以上、出走馬17頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


モズカッチャン

昨年の同レースの勝ち馬。

今年は札幌記念でサングレーザーや
マカヒキといった強豪牡馬を相手に
タイム差なしの3着に入っている。

前哨戦の府中牝馬Sを熱発で
回避してしまったのは痛手だが
それを乗り越えて連覇なるか。

乗り込みは十分に消化しているとはいえ
馬体重から当日の気配まで
しっかりチェックする必要がありそうだ。


ノームコア

秋華賞トライアルの紫苑Sを制しながら
本番を回避し、ここへ直行してきた。

他世代の馬が相手となるG1でも
能力は十分に通用しそうだが
関西圏での出走は今回が初めて。

長距離輸送を克服し前走同様の状態で
当日を迎えられるかどうかが鍵になりそう。

鞍上は4週連続でG1を制覇し
年間G1・7勝の新記録も樹立した
絶好調のルメール騎手が騎乗。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


リスグラシュー

これまでG1では2着が4度ありながら
Vには手が届いていない。

今度こその期待がかかる一方で
昨年はオークス5着、エリ女で8着と
2000m以上の距離に不安を残す。

 

しかし父はハーツクライなので
血統的には問題ないはず。

しかも今回の鞍上はモレイラ騎手。

勝てばもちろん悲願のG1初制覇だが
モレイラ騎手も日本でのG1初制覇となる。


カンタービレ

秋初戦となったローズSを快勝。

そして秋華賞ではこれまでの先行策から
一転して差す競馬で好走し
アーモンドアイを最後まで苦しめつつ
殊勲の3着に入線を果たしている。

勝利には届かなかったものの
その底力は驚異的なものがある。

また、調教を見る限り強い負荷をかける
追い切りができており、秋華賞激走による
疲れを心配する必要もなさそうだ。


レッドジェノヴァ

今春から急激にレベルアップ。

札幌のWASJ第2戦を勝ったあと
秋初戦に京都大賞典を選択し
サトノダイヤモンドに半馬身差の
2着に食い込んでいる。

前走後は引き続き栗東滞在で調整。

京都・芝コースは2度目で
全てにおいて経験値が増した今回は
さらなる上積みが見込めそうだ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【1-4-2-3】
2番人気【1-2-2-5】
3番人気【2-0-1-7】
4番人気【2-0-2-6】
5番人気【1-0-2-7】
6番人気【1-1-1-7】
7~9番人気【1-1-0-28】
10番人気以下【1-2-0-81】


1番人気は複勝率70%で
2番人気は同50%とまずまずだが

ここ5年に限って見てみると
1,2番人気【1-2-1-6】と不振傾向で
一昨年は揃って連対を逃すと
昨年はともに馬券圏外という結果に。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-1-1-16】
2枠【2-1-1-16】
3枠【2-1-2-15】
4枠【1-0-2-17】
5枠【0-2-1-17】
6枠【1-2-0-16】
7枠【0-1-2-25】
8枠【3-2-1-22】


最初のコーナーまでの距離が長く
枠による有利不利はあまり無い。

ただ、開催も後半に差し掛かってるので
外目の枠の方が若干有利か。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-0-0-9】
先行【2-7-1-28】
差し【7-3-7-58】
追込【0-0-1-46】
マクリ【0-0-1-2】


上がり勝負になることが多く
切れる脚のある差し馬が台頭する。

極端な追込みやマクリは
ほぼ決まらず勝ち切れない事が多い。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


1年間の牝馬戦線を締めくくる大一番。


3歳以上の牝馬の有力馬が集まる
エリ女は京都芝2200mで開催される。


レースの傾向としては
過去10年で馬券内に入った30頭中
24頭が3~4歳馬だった。

やはり有力な3~4歳馬は抑えておきたい。


次にローテを見ていくと前走・秋華賞組
府中牝馬S組がレースの中心。

大きく負けていなければ
馬券に絡んでくる可能性はある。

また、オールカマー組も近年は馬券に絡んでいる。


最後に参考にしたいのが京都との相性。

同レースにおいては非常に重要な
指標となるので注視したい。


よって、3~4歳馬で前走・秋華賞、
~~~~~~~~~~~~~~
府中牝馬S、あるいはオールカマー組だった馬で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
京都との相性を加味して予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【カンタービレ
===========

オークスを除けば上々の成績を
残している3歳馬。

京都コースもお手のものだし
2kgもらえる年下という点も有利。

前走は武豊のファインプレーという
部分もあるが、外回りの2200mになって
より一層の活躍が期待される。


対抗は【モズカッチャン
============

昨年の勝ち馬で能力は文句なし。

その後の3戦はいまいちだが
牡馬相手に海外とあっては仕方ない。

問題なのは、休み明けでどうかだろう。

相手関係からは勝ち負けして当然。


そして【レッドジェノヴァ
=============

一気にOP入りを果たし
京都大賞典で一線級の牡馬を相手に
2着した事実が素晴らしい。

サトノダイヤモンドやシュヴァルグランが
ベストとはいえない状態だったとはいえ
半馬身差は立派な走りだった。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 8.カンタービレ
○ 7.モズカッチャン
▲ 5.レッドジェノヴァ
☆12.リスグラシュー
△13.ノームコア



上記の5頭ボックスで勝負予定だが
デムーロが揃った4枠が強力。

4枠流しの手もある。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

競馬の最新ニュースは下記の各種SNSにて

リアルタイム配信しております。

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス