スカート出来上がりました | 大人可愛い石鹸デコサヴォンフィラージュ&トールペイント 千葉県松戸市 クラフトサロン オーチャードハウス

大人可愛い石鹸デコサヴォンフィラージュ&トールペイント 千葉県松戸市 クラフトサロン オーチャードハウス

清潔感漂う空間で、心地よいひと時をお過ごし下さい。
石鹸をエレガントにデコレーションするクラフト“サヴォン・フィラージュ”、オリジナルのトールペイント“スィート・マーレライ”、APJタッセルクラスをお楽しみください。


テーマ:

先々週の土曜日に、スカート用の日暮里に生地を買いにいきました。

このところずっと無地のスカートばかり履いていたので

今年は柄物を着てみたくなりました。

一枚は北欧のインテリアファブリック風の夏らしい~柄で

タックの入った60年代風のデザインにしてみました。

電車の中で “わ! 家のクッションと同じ柄!~”

と思われているかも(笑)

今年はニットでなくて、真っ白いブラウスを合わせたい気分。


 
 

もう一枚は クラッシクなバラ柄のベージュと

大好きなティファニーブルー風の地色のバランスが

最高に素敵で気に入ったので

ギャザースカートを作ってみました。

“わ! 家のカーテンと同じ柄!!”

と思われているかも(笑・笑)

パリッとアイロンを効かせた襟付きシャツも良いなぁ、、、

でも持っていないから、2枚とも同じリネンのブラウスの

コーディネイトになりました(笑)

 
 化繊のお洋服はアイロンがけが要らなくて楽だけれども

持ってもいるけれど、、、

やっぱり、綿・麻が気持ちがシャキッとして好きです。


 
型紙を取った洋裁の本は、一冊は1996年発行、

もう一冊は2003年発行の

「レトロ…」・「シネマファッション…」のタイトルが着いたもの。


 


いつもスカートを買うときはチビの私はSサイズなのですが

この型紙7号では、かなりピチピチ(涙)

考えてみたら、私が若い頃ってスカートは

7号~13号というサイズ表記だったのですよね。

そして昔の7号サイズとはウエスト58㎝です。細~~!

今は、多分、女性のウエストは

インサイドベルトがしっかり着いていたスカートをはいていた

時代より全体に太くなっていると思われます。





 

サヴォンフィラージュ Erikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス