映画シンデレラ | トールペイント&タッセルサロン

トールペイント&タッセルサロン

さりげない日常を大切にしていくとき、
ひとつひとつの出来事がキラキラと光る宝石のように輝いてくる
そんな宝石を拾い集めて感謝に換えていきたいと思います


テーマ:


日曜日に「シンデレラ」を観てきました。


“待ってました、こういうディズニーが観たかったのよね~!!”


完全に直球です。


このところ、期待をしていってもいつも裏切られた感があった


ディズニーのお姫様もの。


悪者がいて、お姫様が強い心でやっつける、これがここ最近の


個人的には “どうも好きじゃない” という形式。



やたらと悪者を凝った作りをして、激しく暴れさせる。


せっかくのロマンチックストーリーなのにちょっとしたスペクタクルを作り出す。好きじゃない~~





でもこのシンデレラは、ストーリーも変にいじっていないし


画面構成も予想以上にロマンチック。



衣裳も現代的な色使いでどこか新しくファッショナブルなのに

ちゃんとこの時代に合っている。


可愛くておしゃれで、以前「新しいマリーアントワネット像」の映画が作られて時のような感覚ですかねぇ、

(マカロン流行の発信源ですね)


シンデレラの監督はケネスブラナー。


シェイクスピア作品を手がけ、ご自分でも出演なさっている方だからそのこの魅力が出せるのかもしれませんね。


シンデレラの原作は、シェイクスピアではなくて

グリム兄弟やシャルルペローですけれど。





ともかく文句なく100%楽しく、心躍る時間をいただける最高の出来だと思います。

Erikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス