2009年01月12日

ブレイク作「蚤の幽霊」

テーマ:気になる作品
【 未開の森林 】
The Ghost of a Flea (William Blake, c.1819-20)

そのエキセントリックな思想と言動のため、生前は理解者が少なかった異才の詩人・画家・銅板画職人、ウィリアム・ブレイク。時が経つにつれて彼の作品の芸術的価値は再評価され、近代においては「英国が生み出した最高の芸術家」と称賛する評論家も出るようになりました。

「自分は人間としてではなく、祝福された天使として死んでいくのだ」という神秘的な遺言を残した彼は、生涯を通して日常的に幻視を体験していました。幼い頃、大勢の天使が星のように眩しい翼を広げて木の枝に座っているのを見たのが始まりだったそうです。

彼が彫版印刷業を始めた頃、若くして死んだ彼の弟の霊が夢に現れ、彩飾印刷(Illuminated Printing)と呼ばれる腐蝕彫版術を教えてくれたとブレイクは言っています。この技法を使って作成された詩集は、製版、印刷、色彩の施しなど、全て彼と妻のキャサリンが行いました。「四人のゾアたち」「ミルトン」「エルサレム」などの「預言書」と総称される後年の作品群は、詩と絵画の融合によってブレイク独自の壮大な神話世界を内包しています。

1819年、水彩画家・造園技師・占星術師のジョン・ヴァーリーのために制作された「蚤の幽霊」は21x16cmの小型の細密画です。当時62歳のブレイクより30歳若かったヴァーリーは、精霊や幽霊の存在を信じていましたが、それらを実際に目撃したことがないことに不満を感じていました。そこで彼は幻視(ヴィジョン)の能力を持つと主張するブレイクに接触し、降霊術の会を行おうと提案しました。ヴァーリーはこの時の体験を以下のように記述しました。

「降霊術の会を始めてからしばらくして、ブレイクは蚤の幽霊がそこに立っていると言いました。彼に白紙と鉛筆を渡すと、ブレイクはこの幽霊の肖像を素早くスケッチしました。描いている途中で、幽霊が口を開いたので二つ目のスケッチを始めると彼は言い、口の部分だけを別に描いた後、口が閉ざされたと言って最初のスケッチに戻りました。これを見ていた私は、彼が何らかのイメージを実際に観察しながら描いていることを確信しました」

ブレイク自身によると、この蚤の幽霊は人の血を求めて舌を出し、左手にはドングリの実で作られた杯、右手には植物のトゲを持っています。この二つのシンボルは妖精伝説から着想を得たと推測されています。頑丈で筋肉質の体を持った蚤は、背景に星が流れ落ちる劇場のステージを歩いています。

蚤の幽霊はブレイクにこう語ったそうです。

「神が私を創造したとき、最初は雄牛のように大きな体にするはずだったのですが、私が硬い殻と鋭い牙で武装され、いたずらな性格を持っていることを検討して、このように小さな寸法にされました」

この作品は金箔の独特な応用によって装飾されています。カーテンの下地、蚤の体、星々の部分には白銀と金の合金で出来た薄い箔が敷かれ、絵の細部には金粉を混ぜた絵の具が使われました。

現在は英国のテート美術館 (Tate Britain) に所蔵されています。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Eliot Akiraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■緑陰山荘通信さん

ブレイクの詩はとてもシンプルに書かれているものもあれば、混沌とした宇宙的なスケールを持つものもあり、その語彙と巧みな表現には尋常ならぬ語学力を感じます。また、独自のスタイルを持つ宗教画のような絵からは、神秘的な世界観が伝わってきて、彼が「幻視者」と呼ばれていたのも納得が行く気がします。

彼が自然を否定していたかはどうでしょうね・・・。「エネルギーこそが永遠の歓喜である」という一節を読んだことがあり、自然における霊性の働きを称賛していると解釈したのですが、彼の全作品には未だに詳しくないので確かではありません。

その思想と作品にもっと深入りしてみたい人物です。

3 ■gitogitogitoko さん

僕としては爬虫類のような皮膚と、ぎろっと剥いた目が怖いです。蚤の幽霊という発想自体、そしてそれをこんな姿の怪物として描いたところ、ブレイクの想像力は常人の理解を超えていますね。

2 ■ブレイクの美術と詩

eliot-akira様

お無沙汰しています。
ブレイクは学生の頃に接しました。
それにしても、この絵は怪異ですね。
彼の詩、とりわけ、予言諸は、その神秘的な宇宙観で興味深いものがあります。
版画は後期のヨブの書が気に入っています。
彼の発想は、グノーシス主義的なところがあり、自然を否定して、霊を肯定しています。
 霊的志向はわかりますが、自然を否定する発想は、東洋人としては、どうかと思います。
 繊細さと武骨さが共存した彼の作品は、ある意味で色褪せないですね。
 とまれ、物質主義に反抗した点においては、評価すべき作家だと思っています。彼の反逆性はすばらしいと思っています。

1 ■こんにちwa

どこからみても蚤とは思えない風貌で、
それをスケッチしたというところにブレイクの世界の
リアルさを感じました。
知能を感じさせない表情が実に恐怖!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。