コスメデコルテ ラクチュール ルースファンデーション N | ひびつれづれ。

ひびつれづれ。

のんびりゆっくり~な感じで進もうと思います。
「札幌のcafe」やケーブルTVで観ている「映画」、「お化粧品情報」等を綴っております。
インスタグラム⇒elfintown

音譜「コーセー様より商品をいただき、モニターに参加しています」音譜
ファンデーションは今や多数の会社から、多数の種類が出ていて。
一体ぜーんぶ合計したら、どのくらいのファンデーションが存在するんだろう??とふと考えてしまいます。
私も前はどれも一緒、肌の色ムラをカバーする為にとりあえずベージュ色を足してみたら良いんじゃない?みたいな風に思っていました。
年齢を重ねて、色々な種類を使っていくうちに自分なりの「こんなファンデが好き」ってのも出て来て。
今は…
・乾燥しない
・厚塗り感が無い
・シミを「隠す」までは行かなくても肌の色を「均一」に整えてくれる

この3つが個人的に特に重要です音譜
乾燥しない→アトピー持ちだったリするので、やはり乾燥するとつい指が…あせる
やはりこれでも女なのでね、顔に傷は付けたくないわけなのですがアトピーの痒さはそんなこと構ってられなかったりするので、私はとにかく「乾燥しない」が第一です。
厚塗り感が無い→うん、別に接客業ってわけでもないからナチュラルメイクで充分キラキラ
シミを「隠す」までは行かなくても肌の色を「均一」に整えてくれる→シミは隠せるファンデがあったらそりゃーもう幸せですけれども、何を使っても納得できる消去は出来ないので正直諦めてます。
ちゃんとコンシーラーとかでカバーしなくちゃねニコニコ
ってか私のこれ、シミなんだろうか?
顔にアトピー出来てた頃に引っかいた傷跡のような気もするあせる
そこはともかく、肌色が均一だと断然キレイに見えるのでちゃんと補正してくれるものが良いですね。
そんな私がコスメデコルテ ラクチュール ルースファンデーション Nを使用してみました。

ちょっと豪華にお試しさせて頂きます。
では順番に。
まずはカバリング ベース BB N
こちらは2色展開でベージュとライトベージュがあります。
SPF42でPA+++だから、ちょっとしっかり目のUVケアがこのベースで出来ちゃう優れ物。
ベージュもライトベージュも塗るだけで、肌の色がある程度均一になってくれるから近所への買物とかくらいならファンデ塗らなくても大丈夫かもドキドキ
あとファンデ塗るの面倒な時とかねあせる


そして本命。
コスメデコルテ ラクチュール ルースファンデーション N
オーガニックコットンパウダーEX配合で従来商品よりも保湿感がアップ。
高いソフトフォーカス効果で毛穴や凹凸をぼかしふんわりとキメ細かな美しい仕上がりでくすみの気にならない自然な血色感のある美しい肌に仕上げてくれます。






実際、本当に粒子が細かいのね目
リフィルセットする時からふんわりと軽やかな、繊細な感じがしました。
せっかくなので先程登場のカバリング ベース BB Nと共に使用。



このふかふか、フワフワなパフで仕上げるのです。



パフで優しくパウダーを使うと、ふんわりと優しく肌色が整ってくれます。
うまく言えないけれど、一番わかりやすい表現はスマホで写真撮影してフィルタかけたようなそんな感じキラキラ
やわらかーいパウダーなので、とっても軽やか。
肌への負担もかなり少ないと思われます。
しっかりメイクって感じを見せないんだけれど、必要な所はちゃんとカバーしてくれる。
必要な所のカバーってまさに、ファンデーションに望むことじゃないでしょうかドキドキ
そして尚且つ厚塗り感なんて全く無いから、個人的に大のお気に入りドキドキ
1日過ごしても、脂浮きとかも特に気にならなかったし化粧崩れも感じませんでした。
夜まで綺麗に保ってくれているので、仕上がりがふんわりとしているから落ちるのも早いんじゃない??と思われがちなのに、夜までそれをキープしてくれちゃうキラキラ
勿論、乾燥も全然気になりませんでした。
あとはこれからの暖房が入り続けるオフィスで耐えられたら、ホンモノだと思います音譜
素敵なファンデーションに巡り合えましたキラキラ

コスメデコルテさんのファンサイトです→Café de COSME DECORTE