Yoko's History ~③ウェディングとの出会い~ | 他人の価値観に左右されない自分の生き方のスタイルを!

他人の価値観に左右されない自分の生き方のスタイルを!

つながりを深めるマナー心理学をまとめた「エンゲージメントマナ-」創始者ブレインプロファイラー飯田祥子のブログ

Yoko’s History ②はこちら ★★★

 


選ばれる」には何が必要か?!

そのひとつの答えは

いつも同じであること。



どういう事かというと

いつ、どんな時に会っても

いつも感じよく同じであることです。


それには

内側の自分が安定していること。


どんなに外見を磨いても

自分の内側は外見のちょっとした

しぐさや行動や言葉にでる!ってことです。


だから

いつも同じ自分でいるために

できることをやっていきました

(→これは後にエンゲージメントマナーアドバンスへ繋がっていきます)



山口から上京した田舎娘は

このように変化しました♡(笑)


番組アシスタントや

MCのお仕事が決まっていきました。


おしごとは順調です。

(担当番組 撮影中の写真)


とはいえ・・・・いつも

【いつ何時仕事がなくなるかもしれない!!】


という不安と背中合わせでしたから

愚痴ばかりで

心の中はさえない毎日を送っていました。

 

これじゃ

選ばれることに外せない

内側の自分が安定しないじゃないのぉ


(; ̄ー ̄A



そんな私ですから

もちろん プライベートでも 選ばれず。

 


周りからは

結婚したくない女性だと言われたり…



両親も諦めていたのか?!



「結婚しなくていいよ~」 とか 

「結婚は無理だ」 と言っていました。



だから自分自身も

結婚しなくていいと思っていました。



そんな私の転機が訪れたのは23歳の時…

ウェディングの仕事に出会ったことでした。

 

 

婚礼の司会。という立場から

ウェディングのお仕事に携わりました。

 


当時は

ウェディングの現場では、疑問だらけでした。

 

言葉はもちろん、様々な事を注意され…

分からないことだらけでした。


「ウェディングケーキ入刀」

えっ??入刀??

キャンドルサービス??絶対するの??



どうして?

このタカチじゃなきゃダメなの? 等・・・・。

疑問だらけ。



もうひとつ不思議なことは、

それは「ダメ!」と注意されるけど


なぜ?ダメなのか?

様々な疑問を質問しても

明確に答えられる人がいなかったということ。



どうして答えられないの?

と言う疑問でした。



真実が知りたい。 本質を理解したい。



私は、とにかく

色んな事が知りたくて

独学で、沢山の本を読みました。



日本だけでなく

海外のWeddingも勉強しました。



ウェディングが深すぎて夢中で勉強しました。

とっても楽しくて楽しくて。



結婚式という一日に触れていく中、

親子の絆や友情の温かさ。



何より

最愛のパートナーと出会えることの素晴らしさを感じ、

自分自身の結婚観に変化が表れていきました。

 

 

それと同時に

「幸せ女性に共通しているもの」も発見。

 


それを見付けた私自身、

最愛のパートナーと出会う事ができ

27歳の時結婚致しました。


つづく・・・・・・。