美しく歩くためのハイヒールの選び方 | Image up School エレガンテ                  ☆自分磨きでワンランク上の出逢いを☆

Image up School エレガンテ                  ☆自分磨きでワンランク上の出逢いを☆

これまでの自分とサヨナラして、新しい人生を歩みたい!
自分を変えたいと願うあなたに贈る、イメージアップのヒントが満載の人生応援ブログ。ELEGANTE Offcial Blog へようこそ♪
◆ホームページはこちら◆http://www.elegante.co.jp

こんにちは、エレガンテです。

いよいよ暖かくなってきましたね♪
これまでコートやブーツ、分厚いタイツで隠していた足が露わになってしまう季節でもあります。当然、歩き方が気になる方も多いことでしょう。

美しく歩くには、いろいろなコツがありますが、ハイヒールで優雅に歩きたいならパンプス選びが何より大切!
そこで、本日は、「美しく歩くためのハイヒールの選び方」。

 

ハイヒールで歩くとグラグラしてしまう方は、安定感の増すストラップ付きがお勧めです。私のように足が細長くてパンプスが脱げ易い方には特にお勧め。
また、ハイヒールだと前滑りしてつま先が痛くなるという方も、ストラップが前滑りを抑制してくれますので、楽に感じるはずです。

 

一般的な甲ストラップ(甲の中央にストラップ)の場合、色柄物なら愛らしく見えますが、黒色だと就活生のようで何となくダサい印象になりがち・・・。

でも、大丈夫!アンクル側にストラップのついた甲ストラップ(上の写真)なら優雅に見えますし、ハイヒールの前滑り防止効果も絶大です。

ただ、完全なアンクルストラップ(足首にぐるりと回すタイプ)になってしまうと、安定感は悪くなります。

私は25センチと足が大きく、市販のパンプスでは気に入ったものが見つからないので、上記デザインで、いつもオーダーしています。

甲の浅いタイプ(足指の付け根が見える)よりも、写真のように深い方が、さらに安定感が増し、グラグラしにくくなります。

つま先形状は、写真のようなアーモンドタイプより、ラウンドやスクエアタイプの方が、そもそもの足型に近くなり、履き心地はアップします。

靴底は、足の動きになじむ柔らかいものが、断然お勧め!
靴底が固いと歩いていてすごく疲れてしまいます。

パンプスを購入する際は、靴底が足裏に馴染むようソフトにデザインされているかどうか、グニャッっと曲げてチェックしてみるとイイですよ♪

 

本体の革も、やはり柔らかい羊や子牛が足に馴染んで歩きやすいと思います。エナメル革はかたく滑りが悪いので余りお勧めしません。



 

また美しく魅せる為には、最低でも7センチのヒールが欲しいですね。
上記写真は9センチヒールですが、意外や意外、歩きやすいんです。
その秘密は、ヒール形状にあります。

市販されているハイヒールの多くはピンヒール。
細くて長いピンヒールは地面との設置面積が少なく、身体のバランスが取りにくいため、グラグラして歩きにくいのです。
かといって、太くて頑丈そうなヒールではエレガントさに欠けますよね。

そこで、お勧めなのが、写真のように横から見ると細いのに、後ろから見ると横長な、薄い長方形をしたプレートヒール。

ハイヒールの優雅さはそのままに、その高さを感じさせない安定感は、一度使ったら止められません。

 

今回はソールを粋なレッドでオーダーしてみました☆

エレガンテの受講生は、こちらのオリジナルパンプスをオーダーして、ウォーキングレッスンを受けて頂くことができます。

 

フルオーダーでは時間とお金がかかりすぎる・・、でも好みの色柄で作りたい!という方にはセミオーダーがお勧め。銀座「かねまつ」なら、パーソナルフィッテイングもしてくれます。

 

市販のパンプスなら、下着メーカーのワコールが出している『サクセスウォーク』シリーズは歩きやすいと思います。マルイの各店舗で取り扱っていますよ。

 

いかがでしたか?

素敵なハイヒールで優雅に歩く自分が目に浮かぶでしょう?


ハイヒールでお悩みだった方、歩き方を矯正したい方・・etc..ご興味のある方はエレガンテまでお気軽にどうぞ♪

 

 

体験レッスン3,000円。ご予約・お問合わせはコチラ。

 

 

インスタグラムでは『日々のコーデ』をご紹介していますドレス

右差し  ELEGANTE Official Instagram

 


本日も最後までお読み下さり有難うございました。