ジャケットに、どんなインナーを合わせますか?

リラックスを主とするカジュアルシャツが、実は週末ジャケットに合わせづらいということをご存知でしょうか? カジュアルジャケットに合わせやすいインナーとして、本日は「襟がない服」を扱います。
襟がない服を「カットソー」と呼びます。Tシャツの長袖を想像しましょう!しかし、すべてのカットソーがカジュアルジャケットに合う訳ではありません。長袖Tシャツに、ドレスタイプ・カジュアルタイプと2種類が存在したのです。
襟の縁取りが、ヘインズ・グンゼなど肌着っぽさを感じさせないカットソーを、ドレスタイプと私は呼んでいます。画像はタオルのようにモコモコしている生地の表情も肌着には見えませんね?

肌着を連想するリスクがあるカットソーは、ジャケットに合わない。

肌着の襟縁取りの幅は1.2~1.5センチ程度です。つまり、縁取りが1.5センチのものは、肌着を連想しやすく、ジャケットに合わせづらいのです。しかし、近年ではスエット風などおしゃれでジャケットに合わせるスタイルも増えました。初心者には、確実なドレスタイプのカットソーをお薦めします。

カジュアルカットソーは、デニムシャツで合わせてみましょう!

左画像カジュアルタイプのカットソーは、デニムシャツはじめ、カジュアルアウターで合わせましょう。右画像きれいな色・素材がコットン100%ではないタイプは、ジャケットタイプによく合います。

合わせるアウターによって、インナーの種類も変えてみる!

1500円でジャケットに合うインナー!襟の縁取りは1.5センチでも、大胆な柄が肌着を連想させません。実際にはヒートテックなので肌着といえば肌着ですが。笑

 

ブログランキングに参加しております。ブログ企画を継続していくために必要となるものです。あなたのクリックが私の力となります。下記リンクを、ポチっとお願いいたします。

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

 

ワクワクの発信源としてブログ更新します。

読者登録お願いします!

読者登録してね