笠原智廣のブログ

笠原智廣のブログ

横浜市みなとみらいのピアノ教室 笠原智廣ピアノアカデミー     
ピアニスト笠原智廣のブログ                
演奏活動とともに、横浜、東京、大阪、前橋でレッスンをしています。

ピアニストとして、現代作品を中心としたレパートリーを持ち、ソロ、室内楽など演奏の幅は多岐にわたり意欲的にコンサート活動を行っている。
アジア初の「スタインウェイセンター」こけら落としコンサートに出演。「ピアニストの個展」と題し、年間を通じて国内外で活躍するトップアーティストのコンサートをシリーズ企画、共演し、話題となる。
個性的なキャラクターが注目され、新聞、雑誌、ラジオ等各メディアで取り上げられる他、日本テレビ「宿命のフレーズ」フジテレビ「スーパーニュース」 へ出演。
テレビドラマへの技術指導など、幅広い活動を行っている。
国内をはじめ、海外の国際コンクールに審査員として招かれている。
前橋市と東京都内、横浜、関西、海外でのマスタークラスで後進の指導に当たり、「笠原マジック」と称され、多数の国際コンクール入賞者を輩出している。
また、華道家としての一面を持ち、假屋崎省吾に師事。
目黒雅叙園有形文化財で行われた百段階段「假屋崎省吾の世界」では新人賞を受賞。
フランスパリ市ヴァンセンヌの森で行われた假屋崎氏の個展に同行。
自身の作品もパリ市民による投票で第1位グランプリ、ならびにパリ市長賞を受賞し、国際的にも高く評価される。
ロビー装花をはじめ、いけ花と音楽をコラボレーションさせたパフォーマンスで全国的に講演、コンサート活動を行っている。

洗足学園音楽大学講師


教室
・横浜みなとみらい教室
・東京下北沢教室
・前橋教室
・大阪教室(月1回)

体験レッスンの希望の方は一度、ご連絡くださいますようお願いいたします。

お問い合わせ
kasahara@piano-ac.jp


洗足学園音楽大学での体験レッスン受付しています。
http://www.senzoku.ac.jp/music/
この投稿をInstagramで見る

12/7.8(土日)山本貴志ピアノ公開レッスン&講座&コンサート 山本貴志ピアノ公開レッスン 12月7日(土)時間詳細はホームページに掲載 レッスン受講料15000円 聴講料3000円 山本貴志ピアノ公開講座 12月8日(日)14:00〜 マズルカを味わう・弾く 〜ポーランド舞曲にしたためたショパンの心を弾くために〜 公開講座 前売り3000円 当日3500円 山本貴志ピアノリサイタル 12月8日(日)16:30〜 サティ : ジムノペディ第1番 ラヴェル : 鏡 蛾 悲しき鳥たち 洋上の小舟 道化師の朝の歌 鐘の谷 ショパン : 4つのマズルカ op.33 ショパン : スケルツォ第3番 嬰ハ短調 op.39 ドビュッシー : 映像第1集 水に映る影 ラモーを讃えて 動き プーランク : メランコリー ラヴェル : ラ・ヴァルス コンサート 前売4500円 当日5000円 公開講座コンサート通し券 前売のみ 6000円 笠原智廣ピアノアカデミー 027-289-0396 https://piano-ac.jp 後援・全日本ピアノ指導者協会PTNA 山本貴志 1983年長野県生まれ。2002年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を首席卒業後ソリストディプロマコースで学ぶ。08年ワルシャワ・ショパン音楽アカデミーを首席卒業。04年度文化庁新進芸術家海外留学研修員。05年第4回ザイラー国際ピアノコンクール優勝、ショパン作品最優秀演奏賞受賞。同年、第15回ショパン国際ピアノコンクール第4位。06年第14回ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクールで第2位及び第33回日本ショパン協会賞を受賞。大島正泰、玉置善己、ピオトル・パレチニ各氏に師事。繊細かつ生命力溢れる演奏が高く評価され、avex-CLASSICSよりショパン:ワルツ集、ノクターン集をリリース。現在ポーランド・ワルシャワに拠点を持ち、ソロ、コンチェルト、室内楽と幅広く活躍。「ポーランドの魂を伝えるピアニスト」として注目を集めている。 http://takashi-yamamoto.com

笠原智廣Pianist Kado IkebanaArtist(@pianokasa)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

門下生の高木直樹さん、小暮里緒ちゃん、伊藤遼祐くんが、ラジオ高崎に出演いたします。 12月3日(火)13:00〜「Smile」 パーソナリティ・大江響子 タイで開催されたヒナステラ国際ピアノコンクール入賞のインタビュー他、演奏が放送されます。 平日朝のニュース番組「モーニングエール」にて、新聞に掲載された記事のご紹介と併せて インタビューが数十秒紹介されます。 ラジオ高崎76.2 タイ、チェンマイで開催のヒナステラ国際ピアノコンクールで高崎市出身の高木直樹さんが第2位チェンマイ知事賞、前橋市出身の小暮里緒ちゃん(高2)第3位チェンマイ交響楽団財団賞、15歳以下Cカテゴリーで、前橋市在住の伊藤遼祐くん(高1)が第2位となりました。おめでとうございます。 それぞれガラコンサートに出演、来年チェンマイ交響楽団との共演が約束されています。 ヒナステラ国際ピアノコンクール The Second Prize SILVER and Governor of Chiangmai TrophyPrize: 50,000THB O-20 Mr. Naoki Takagi / Piano The Third Prize BRONZE and Chiangmai Youth Philharmonic Band and Symphony Orchestra Foundation Trophy :30,000THB O-26 Ms. Rio Kogure/ Piano SILVER: C-16 Mr. Ryoske Ito, Piano

笠原智廣Pianist Kado IkebanaArtist(@pianokasa)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

明日のリハーサル。ほぼ満席ですが、どうしても聴きたい方、メッセージお待ちしています。 室内楽コンサート 名手たちによるフランス音楽の玉手箱 ENSAMBLE3.0 渡辺尚洋オーボエ(ドイツ・ブランデンブルク州立管弦楽団) 鈴木一成ファゴット(神奈川フィル、オーケストラジャパン) 黒岩悠ピアノ ゲスト出演 鈴木純子オーボエ(神奈川フィル) フランセ:オーボエ、ファゴットとピアノの為のトリオ ジョリヴェ:オーボエとファゴットの為の ソナチネ ドビュッシー:喜びの島 ボッザ:プロヴァンスの羊飼いたち より ドルネル:トリオソナタ Op.3-3 ロ短調 プーランク:オーボエ、ファゴットとピアノの為のトリオ ラヴェル:亡き王女の為のパヴァーヌ(トーマス・ヘニッヒ編曲) 2019年4月21日(日)開場16:00 開演16:15 会場・笠原智廣ピアノアカデミーコンサートサロン/限定40席 (前橋テルサ隣接駐車場棟・シーズポート1F) 前売券4500円 当日券5000円 チケットお問い合わせ・kasahara@piano-ac.jp 027-289-0396 笠原智廣ピアノアカデミー http://piano-ac.jp 渡辺尚洋(オーボエ) 東京芸大卒業後スイスに留学。国内外のコンクールに多数入賞。ドイツ、ノルトハウゼン歌劇場の首席オーボエ奏者を経てブランデンブルク州立管弦楽団のソロ・イングリッシュホルン奏者。ベルリンを中心にソリスト、室内楽奏者としても活躍中。イングリッシュホルンのスペシャリストとして、’10年にペテリス・ヴァスクスのイングリッシュホルン協奏曲のドイツ初演、’12年にはブランデンブルク州立管弦楽団と再演を行う。 鈴木一成(ファゴット) 三重県出身。愛知県立芸術大学卒業後、桐朋学園大学研究生修了。第13回東京音楽コンクール木管部門第1位。第29回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第1位、ならびに兵庫県知事賞受賞。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。ソリストとして名古屋フィル、神奈川フィル、新日本フィル、東京フィルと共演。ファゴットを青谷良明、岡本正之の各氏に師事。新日本フィルの契約団員を1年間務めた後、現在神奈川フィル、オーケストラジャパン各首席奏者。 黒岩悠(ピアノ) イモラ国際ピアノアカデミー卒業。レオニード・マルガリウス、イーヴォ・ポゴレリッチ氏らに学んだ。多くの国際コンクールに優勝入賞し、ルガーノ音楽祭アルゲリッチプロジェクトをはじめ多くの演奏を行いベルリンフィルハーモニーカンマームジークザール、パレルモ音楽祭等に出演。ロヴェレート室内オケ、ブランデンブルク交響楽団、ベルリンニュープロイセンフィル他と共演。ALTUSレーベルより2枚のアルバムをリリースしており、レコード芸術に於いても高い評価を得ている。 鈴木純子(オーボエ) 東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者。 1997年より1年間、アフィニス文化財団海外研修員として、フランスおよびドイツに留学。オーボエを溝入由美子、梅原美男、河野 剛、井口博之、北島章、小島葉子、ジャン=ルイ・カペザリの各氏に師事。京都フランスアカデミーにおいてモーリス・ブルグ氏の薫陶を受ける。

笠原智廣Pianist Kado IkebanaArtistさん(@pianokasa)がシェアした投稿 -