アロマセラピーと共に在る心地よい生き方 | 女性の人生をアロマでデザインする*アロマライフデザイナー* 横田 真由美

女性の人生をアロマでデザインする*アロマライフデザイナー* 横田 真由美

神戸発
アロマセラピストの
愛される女性の人生のつくりかたを香りでデザインする

アロマライフデザイナー/マタニティアロマセラピスト

神戸の里山古民家
サロンオーナーと日本マタニティセラピスト協会を運営をしています。

アロマセラピーライフはもう15年を過ぎようとしています。

 
 
 
最初は自分の身体の不調がきっかけでしたが
 
みるみる体調や肌が良くなると
 
その体験を人に伝えたいと思い
 
アロマセラピーの世界へ
 
過去の自分史はこちらから
 
 
セラピストとして、
トリートメントやカウンセリングを通じて
 
 
 
女性らしい人生、
 
女性ならではの生き方を模索する中で
 
 
私なりの提案は
 
オーガニックライフの心地良さを
 
今また改めて伝えていきたいなとひしひし感じています。
 
 
IMG_20150620_141007978.jpg
 
アロマセラピストとして、
 
精油を消費している日々の中で
 
伝えることに、ふと疑問を持ったことで
 
 
IMG_20141218_014814.jpg
自分で蒸留したい想いから
 
アランビック蒸留器を購入し講座やセミナーにて体験してもらっています。
 
 
アロマセラピーの何が良いのか、、
 
 
突き詰めていくとやはり
 
香りなのですよね
 
 
 
里山では農にも日々土と向き合い
 
自然農でハーブを育てていますが、
 
ハーブと精油では香りの濃度が明らかに違います。
 
 
何故かというと精油はハーブを蒸留して
 
花や草木にある芳香物資を蒸留もしくは圧搾などの工程を経て抽出しているからです。
 
 
ハーブは虫や風に乗り命を繋いでいくために存在していて
 
それぞれの営みの中に香りがあります。
 
 
 
精油は人間が作り出した蒸留器を使って自然療法として使われています。
 
 
images.jpg
 
 
私の想いとして
アロマセラピーの世界や自然療法を暮らしに取り入れて
 
心地よくそして地球にも優しい循環する場を創り出していけたらよいなと考えています。
 
 
それはビジネスでも同じで、
今は時流が早すぎてビジネスモデルというものが確立する前に次のタームへ移行していて
 
何が安定してビジネスとなるかは不確定です
 
 
 
けれども人間である限り(いつか機械も細胞が組み込まれたら機械もかな)
 
心地よく生きて
 
誰かとの循環する時間を楽しめる暮らし
 
 
そんな生き方がビジネスともリンクし続けていけるのではないのかなと思います。
 
 
 
募集はじまりました。
 
 
心地よい生き方の一歩を進みましょう