臨月に入り、いよいよ出産が近づいてきました。


初めてのことなのに不安な気持ちにならないのは植物たち、周りのサポートのおかげかな…☺︎


入院の準備も完了し、
今まで以上にゆったりとした時間を過ごしています。


今回、出産時のサポートアロマとして選んだのはこちら…。

{82C74CCE-D868-4C7C-B5B9-ACA1DE8F9E83}

まず産湯にすこ〜し入れてもらおうと準備したのがネロリとローズのフローラルウォーター


赤ちゃんが産道を通って産まれてくる時、
ママの体内にある人体に有益な細菌を自然に取り込んで産まれてくるといわれています。

この赤ちゃんの皮膚にせっかく付着している母親由来の有益な菌たちを直ぐに洗い流してしまうのは勿体ない。(今後の免疫機能に深く関わってきます)

なので産湯は直ぐではなく、後日にお願いしようと思っていますが、その時のお供に。
どちらも波動が高いという点でも気に入っています。


後は出産時に
ジャスミン
クラリセージ
ナツメグ

子宮口が開くのを促し、
また、子宮の収縮も促進して
分娩をサポートをしてくれます。
鎮痛効果も。

ナツメグなんかは出産時に使う筋肉のサポートもしてくれるので、
ホホバオイルなどと一緒に内股に塗布します。


産後は
クラリセージ
ダヴァナ


こちらは産後の心身ともの回復に。
生命力を上げる働きもあります。

私の中では
クラリセージ=優しい助産師さん
ダヴァナ=色々な経験をした肝っ玉が据わっている産婆さん

なイメージ(°▽°)

なので精神面でも大きなサポートしてくれると思っています。

ダヴァナは特に切り傷に効果的。

傷口を塞いでくれる働きが強力⤴︎
(傷の具合にもよります)



出産後のこの場合は患部には塗れないので、
同じくオイルと一緒に内股辺りに塗布します。

血中に入り、傷口の回復に一役かってくれるので授乳の時間と相談しながら、上手く取り入れたいな。

あとは時期的に感染症予防に
ローズウッド
ユーカリラディアータ

産院ということで比較的優しいローズウッド
抗菌、抗ウィルスに活躍しそうな感じかな。


そして出産時に何も食べられない時用に甘酒も。

飲む点滴といわれる甘酒は普段の生活では必要ないと思っているのですが、こういう事態には手っ取り早いエネルギー補給源として摂取⤴︎

{02EB3C4C-A141-42DB-AC6E-5ABBBDE82EE3}

また、産後の養生に
鉄火味噌
梅肉エキス


そして…
産後は目を使うのは良くない(子宮の回復を遅らせてしまうから)と言われながらも買ってしまった本…( ̄∀ ̄)

{92A4B324-C124-498E-BAAD-9572D9FFE146}


テレビは元々あまり見ないし、
SNSも当分はお休みしようと思っているので、
やっぱり本が読みたい〜〜と、
気軽に読めるものから、まだ難しくって半分までしか読めていない洋書までとりあえず準備してみました。

おかげで私の入院バッグはパンパン…(°▽°)

持ってきてくれる主人、たいへんだろうな…笑