オーメン | 237号室 タカの無事是名作映画烈伝 A級からZ級まで

237号室 タカの無事是名作映画烈伝 A級からZ級まで

榮級(A級)作品は名作傑作、莫大なお金をかけた超大作
美級(B級)作品は映像の美しい作品、美しい女優出演作
死級(C級)作品は人体破壊を極めるエログロナンセンス
Z級作品はクソ映画
自己満足で映画レビューと競馬のGⅠ予想と日常の出来事


タカとエルコンの映画列伝-is.jpg
タカとエルコンの映画列伝-is.jpg




『オーメン』




1976年 アメリカ




《スタッフ&キャスト》


製作 ハーヴェイ・バーンハード/メイス・ニューフェルド

監督 リチャード・ドナー

脚本 デヴィッド・セルツァー

撮影 ギルバート・テイラー

音楽 ジェリー・ゴールドスミス



出演 グレゴリー・ペック/リー・レミック/ハーヴェイ・スティーヴンス/パトリック・トラウトン




《解説》


6月6日6時 2人の子供が生まれ、1人が死んだ… それが始まりだった

アメリカの外交官ロバートは、死産した我が子のかわりに赤ん坊をもらい受ける が、このダミアンこそ、人類を滅ぼすためにこの世に送られてきた悪魔の子だったのだ

聖書の黙示録に書かれたハルマゲドンを実現させる、悪魔の子として生まれたダミアン

彼の成長と、ハルマゲドンを阻止しようとする者たちの神と悪魔の戦いを描いた、1970年代オカルト映画ブームの代表的シリーズ

避雷針で串刺しになる神父、ガラス板で首を切断されるカメラマンなど、残酷シーンも多いが、ラストの静かな恐怖にはかなわない




《物語》


ローマ、6月6日午前6時 産院に急ぐアメリカの外交官ロバート・ソーンは妻キャサリンが男の子を出産したがすぐに亡くなったと知らせを聞いた

キャサリンは子供を欲しがっていてやっと出来たのに死んだと知ると自殺しかねない なんと言えばいいのか ロバートは産院で知り合ったスピレトー神父に養子をとられたらと

スピレトー神父は同じ日、同じ時間に生まれた男の子を身代わりにもらってほしいと頼まれた その子の母親は産後すぐに死んだのだった



キャサリンにはそのいきさつは話さず、その男の子をダミアンと名付けてもらいうけた

数年が経ち、ロバートは駐英大使としてロンドンに栄転 いつかは大統領と夫婦は意気込み、ダミアンもすくすくと育っていった

ダミアンが5歳の誕生日のガーデン・パーティでダミアンの子守のホリーが1匹の黒い犬に見入られた

ホリーは出席者の目の前で屋上からダミアンに叫び、首を吊って自殺した

タカとエルコンの映画列伝-is.jpg
タカとエルコンの映画列伝-is.jpg

翌日、大使館にブレナン神父が訪ねてきた ブレナン神父は自分はダミアンの出産に立ち会った

ダミアンは悪魔の子で母親は山犬だと説明するが、ロバートは信じられない

日曜日、ロバート夫妻はダミアンを連れて教会に向かうと、近付くにつれダミアンは怯え、震えだし、叫びだした



ある日、キャサリンがダミアンを連れてサファリパークに連れて行くと動物達が逃げ出し暴れだした

やがてブレナン神父が事故で亡くなり、妊娠していたキャサリンが2階から転落し流産

そんな時、カメラマンのジェニングスがロバートを訪ねた 彼が撮ったホリーとブレナン神父の写真には不思議な線が写っていた これは偶然か?

ロバートはジェニングスと共にダミアンの出生の秘密を調査しにローマに飛び、驚愕の事実を知る!









《感想》


666タイトルにはピッタリですよね(笑)

あまりに有名な作品で説明の必要はありませんね

当時、「エクソシスト 」「サスペリア 」と共にオカルトブームを作り出した傑作 グレゴリー・ペックなどが出演した事でA級作品となりました

「ヨハネの黙示録」にあるハルマゲドン(最終戦争)にヒントを得た作品ですけど、流行りの残酷シーンもテンコ盛り



まずは子守ホリーの自殺 吊ったロープがバウンドして後ろの窓が割れるのはよく出来てる

ホリーは悪魔のしもべでもないですけどダミアンの教育係を送り込む為に邪魔だったんですね

子供のころに初めてみた時には分かりませんでした なんで自殺したんだろうって

神父の串刺しシーンもこの映画を象徴するシーンとなりました



それでも1番インパクトあったのはラスト間際のジェニングスの首チョンパのシーン

最初の案はもっと簡単なシーンだったけどリチャード・ドナー監督が凝りたかったようです

それがあのシーン ガラス板を乗せた車がバックしてきてジェニングスの首をスパッと切断 このシーンは強烈で頭から離れませんよ





リメイク版では違う感じで首チョンパしてますが、なんだかアッサリでした

それにラストのダミアンのニヤリと笑うシーンもゾクッとしますよ


タカとエルコンの映画列伝-is.jpg


リチャード・ドナー監督は絶対に笑うなと言ったのに笑っちゃいました 逆にダミアンの不気味さを強調出来たようです 続編の「オーメン2 ダミアン 」も素敵です





映画史上、最大の恐怖と戦慄があなたを直撃する! それが『オーメン』です。



外交官の両親が亡くなって葬式で大統領の横に立っているのが1番怖いかも





タカとエルコンの映画列伝-is.jpg
タカとエルコンの映画列伝-is.jpg