バックダンサーズ! | 237号室 タカの無事是名作映画烈伝 A級からZ級まで

237号室 タカの無事是名作映画烈伝 A級からZ級まで

榮級(A級)作品は名作傑作、莫大なお金をかけた超大作
美級(B級)作品は映像の美しい作品、美しい女優出演作
死級(C級)作品は人体破壊を極めるエログロナンセンス
Z級作品はクソ映画
自己満足で映画レビューと競馬のGⅠ予想と日常の出来事


テーマ:


タカとエルコンの映画列伝

 

 

 

 


『バックダンサーズ!』
 

 

 



2006年 「バックダンサーズ」製作委員会 ギャガ・フジテレビ・東急・レントラック・東映ラボ
 

 

 

 

 

《スタッフ&キャスト》

 

 

監督・脚本 永山耕三

脚本 衛藤凛

撮影 小倉和彦

美術 稲垣尚夫

音楽 Sin



出演 hiro/平山あや/ソニン/サエコ/陣内孝則/田中圭/木村佳乃/長谷部優/舞/つのだ☆ひろ/北村有起哉/真木蔵人/石野真子/豊原功補

 

 

 

《解説》

あきらめたら、始まらない!

アーティストの華やかなステージを盛り立てる“バックダンサー”にスポットを当てた青春映画

性格もバラバラな女の子4人組が迷いを抱えながらも夢を実現しようと奮闘する姿を、エネルギッシュなダンス・シーンと音楽満載で描き出す

音楽界、映画界で活躍する、平山あや、hiro、ソニン、サエコの4人がバックダンサーを熱演

「東京ラブストーリー」「ラブ・レボリューション」など“月9”の仕掛け人と呼ばれたカリスマ演出家、永山耕三が監督を務める ダンスへの情熱を捨てず、夢に向かって走り続ける女の子4人を、キュートかつ元気に描く

 

 

 

 

《物語》

2010年冬 路上ダンスの若者たち この場所からバックダンサーズが巣立って行った事を知る

2002年秋 美羽とよしかは同じ高校の同級生 2人はいつもクラブ通いで踊っている ある日、警察が店を手入れして未成年の2人は補導され高校を退学

踊る場所の無くなった2人は同じくクラブに入れない高校生のジュリと知り合う
ジュリに誘われるままに、繁華街の外れの駐車場で踊り始める そこは路上ダンサー達の集まる場所、ムーンダンスクラブ

やがてジュリがレコード会社にスカウトされ、美羽とよしかは巴と愛子の2人と組んでジュリのバックダンサーとしてデビューする

タカとエルコンの映画列伝

真面目で不器用だけどダンスへの情熱は人一倍の美羽

ダンスの腕は4人の中でも抜群で歌の才能も秘めているリーダー格のよしか

皆より少し年上で結婚願望の強い元キャバ嬢で子持ちの巴

実はアイドル歌手になりたいムードメーカーの愛子

2006年冬 トップアーティストとなったジュリ しかしライヴ中に突然の引退宣言

ジュリのいないバックダンサーズは会社のお荷物とされ、スティール・クレイジーというオヤジバンドの担当をしている新米マネージャーの茶野がバックダンサーズの担当になる

タカとエルコンの映画列伝

仕事が無く文句を言うバックダンサーズにスティール・クレイジーの前座でツアーに参加させる

スティール・クレイジーのボーカルのジョージとよしかのボーカルがハマり2組のコラボは大成功

ジョージがよしかと話すうちによしかは自分の娘だと気付く 若かりし頃に離婚して以来会っていなかった

美羽は一生懸命な茶野に惹かれキス

ジュリの代わりに売れる歌手が出てきた事でバックダンサーズは解散と会社に宣告される

タカとエルコンの映画列伝

それを知ったバックダンサーズは仲間割れ 最後のイベントの前にケンカになり、そしてみんなはバラバラに

美羽はムーンダンスクラブに よしかはライバルだったダンスチームに誘われる 愛子はグラビアアイドル 巴はキャバクラに戻る しかしみんなバックダンサーズを捨て切れずにいた

よしかはムーンダンスクラブへ そこには美羽 そして悔しさいっぱいの巴と愛子も戻ってきた

ダンスコンテストに出場し、思いの丈をぶちまける

4人の思いに茶野が再び走り回る かつてのスポンサーや仲間が力を貸してくれてバックダンサーズのライヴを開催

後に伝説と言われる一夜限りのゲリラライヴが始まった

タカとエルコンの映画列伝

 

 

 

 

 

 

《感想》

 


タカが紹介致します

サエコとダルビッシュの結婚記念(笑)

でも観てみたら単純におもしろかったです スポ根サクセスストーリーは嫌いじゃないです

 

メインではなくバックダンサーの辛さってキツイです メインが辞めると言ったらバックは問答無用でお払い箱 これはかわいそう

hiroとソニンのダンスはパワフルで「ウォーターボーイズ」の平山あやと「NANA」のサエコのダンスはしなやかという感じ

タカとエルコンの映画列伝

平山あやはダンス経験がゼロでレッスンレッスンで疲労骨折までなったとか(汗) サエコはクラッシックバレエをしていたらしくキャラ以上に動けてます

バックダンサーズが解散を知らされてソニンとサエコがケンカをするシーンは迫力ありました サエコはソニンにマジ張り手を食らって泣いてるのは演技じゃなかったりして(爆)

主役の4人はいまいちパッとしてませんがなかなかどうして光ってます ラストのライヴは思ったより短かった もう少し見たかったです

平山あやと田中圭が噂になってましたけどどうなったんかな?
 

 

 


舞台を失くしたバックダンサーたちの心踊る青春サクセスストーリー それが『バックダンサーズ』です。

 

 



最初は「NANA」にしようかと思ったんですけどサエコの出番は少なすぎて(笑)ちなみにサエコの声は好きです インパクトあります。

 

 

 


タカとエルコンの映画列伝

 

 

 

 

タカとエルコンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス