エクソシスト | 237号室 タカの無事是名作映画烈伝 A級からZ級まで

237号室 タカの無事是名作映画烈伝 A級からZ級まで

榮級(A級)作品は名作傑作、莫大なお金をかけた超大作
美級(B級)作品は映像の美しい作品、美しい女優出演作
死級(C級)作品は人体破壊を極めるエログロナンセンス
Z級作品はクソ映画
自己満足で映画レビューと競馬のGⅠ予想と日常の出来事



 

 

 

 


『エクソシスト』

 

 


 

 

1973年 アメリカ

 

 

 

 

 

《スタッフ&キャスト》


製作・原作・脚本 ウィリアム・ピーター・ブラッティ

監督 ウィリアム・フリードキン

 

撮影 オーウェン・ロイズマン

音楽 マイク・オールドフィールド/ジャック・ニッチェ

 



出演 リンダ・ブレア/エレン・バースティン/ジェーソン・ミラー/マックス・フォン・シドー/リー・J・コップ/ウィリアム・オマリー/キティ・ウィン/ジャック・マッゴーラン/バートン・ヘイマン

 

 

 

 

 

《解説》


全世界にオカルト映画ブームをもたらした傑作、12歳の少女リーガンに悪魔が取り憑き、エクソシスト(悪魔祓い師)と悪魔との死闘が始まる

 

封切られるや大反響を呼び、絶大な支持を得た本作、後の映画に多大な影響を及ぼしたオカルト映画の最高峰は、今観ても独特の禍々しさを持っている

 

悪魔に憑りつかれたあどけない少女、少女を必死に救おうとする母親、そして究極の悪と闘いながらも、かたや半信半疑、かたや不動の信念を持つ2人の神父を描いた、恐ろしくもリアリティー溢れる物語は観る者の度胆を抜く

 

 

 

 

 

《物語》


イラク北部、老齢のメリン神父は独自の調査と研究を続けていたが、悪魔パズズの像を発掘する、かつてアフリカで彼と死闘した悪魔で、メリン神父は再び宿敵と闘う日が近いと予感した



遠く離れたアメリカ・ワシントンのジョージタウン、人気女優のクリス・マクニールには12歳になる娘リーガンがいた、仕事で外出しがちで、リーガンの世話は子守とメイドに任せているが、母子の仲も良く、リーガンの誕生日を迎えて楽しい日々を過ごしていた



ところがある日突然それまでの生活を一変させる出来事が起きた、リーガンはベッドが揺れて眠れないと言う



リーガンは誕生パーティで来客の前で放尿した、その夜はリーガンのベッドが激しく揺れた、眠れないと言うリーガンを病院に連れていくが、あらゆる検査結果は異常なし

そんな中、リーガンの症状は悪化、汚い言葉で母親を罵り、自らの体を傷つける、精神科の医師も催眠術医もお手上げ


 

そんな矢先、クリスの映画を監督した友人のバークが石段から転落して死亡する事故が起きた、ただの事故とは思えないキンダーマン警部補が捜査に乗り出した

 

そこである医師がショック療法でクリスに“悪魔祓い”を勧めた、パーティで話を聞いたカラス神父に依頼するが精神科医でもあるカラス神父は悪魔憑きに否定的であった

 

 

リーガンに接見したカラス神父は吐瀉物を吐きかけられ嘲笑われる、しかしリーガンに何回か会ううちに、リーガンの体にヘルプ・ミーの文字を発見、カラス神父は悪魔祓いの儀式を決意する

 

 

大司教に許可を求め、主任には数少ない経験者のメリン神父が選ばれカラス神父は助手として悪魔祓いに挑む

 

そして2人の神父は少女リーガンから悪魔を退散させる為に壮絶な闘いに挑むことになる



tumblr_nde9vuvBrc1qd8nujo1_500.gif

 

 



 

《感想》


1973年公開時に世界中にオカルトブームを生んだ超ヒット作

原作者のウィリアム・ピーター・ブラッティは、実際に起きた悪魔憑きをもとに小説を書き上げ、映画もコケおどしのホラー色を出さずに、宗教観をにじませた、ある種の人間ドラマにしています

しかし公開当時は、リーガンの空中浮遊シーンや首が180度回るシーンが話題を呼びました



リーガン役のリンダ・ブレアが凄まじい演技です、まるで狂ったかのような表情、これぐらいの年頃には恥ずかしさがあると思いますが微塵も感じさせません、たしかアカデミー賞助演女優賞にノミネートされるほど



監督のウィリアム・フリードキンが撮影中に銃を発射したり、かなり役者達を追い込んだらしいです、その結果、語り継がれる大傑作となったのです、出演者たちの鬼気迫る演技が更にインパクトが増します

4年後に作られた第2作「エクソシスト2 」は、リーガンの中にまだ悪魔が残っていて、再び異変が始まるというもの

 

13年後に製作した第3作「エクソシスト3」では、第1作の原作者が監督として登板、1作目に登場したキャラクター、キンダーマン刑事を主人公にして、悪魔憑きに絡んだ猟奇事件が描かれる、シリーズ全体としては、第1作目の枝葉を伸ばして作られた感が強く、統一感に欠ける

 

第1作の前日談にあたるシリーズ第4作「エクソシスト・ビギニング」が2005年には公開されました

2000年には、リーガンのスパイダー・ウォークや悪霊の顔が闇に浮かぶ映像、さらにプロデューサーで原作者のブラッティが熱望しながらも初公開時にカットされたラストシーンなど、およそ15分に及ぶ未発表シーンを加え、デジタル修復を施した「エクソシスト ディレクターズ・カット版 」が日米で公開され、話題を呼びました



 

この映画が世に出て似ても似つかない亜流作品は数えきれないほどありますが、単なる悪魔退治の映画とは完全に異なり、母親の死に罪の意識を感じるカラス神父の葛藤のドラマも重視し、ドキュメンタリー・タッチな演出が重厚さを与える
 

 

 

 


12歳の少女リーガンに取り憑いた悪魔を抹殺すべく、エクソシスト(悪魔祓い師)の想像を絶する闘いが始まる オカルト映画の最高峰、それが『エクソシスト』です

 

 

 

 


大傑作です! 27年の眠りから目覚めたディレクターズ・カット版もお勧めです どちらも甲乙つけがたい傑作 両作ともに味があります。

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏237号室の「エクソシスト 」のレビューはこちら