腕の痛みのからのメッセージ | コーチが聴く!自分で地図を描く人たちの知恵

コーチが聴く!自分で地図を描く人たちの知恵

~知恵を言葉に ひらめきを行動に~


テーマ:

数年前から、腕…特に二の腕の筋肉が引っ張られるような痛みがあります。

整骨院に通ったりして、随分と身体が固くなっていることを自覚したりもしていました。

 

が、

そういえば私は、「からだの声を聞きなさい」という学びを数年間にわたってしてきたのだった!

今朝、それを思い出しました。あぜん。

改めてリズ・ブルボー著〈自分を愛して〉(からだの症状が示す感情や精神レベルのメッセージの辞書のような本です)で、

腕の痛みの項を見てみました。

 

沢山のメッセージがあるのですが、一言でいうなら

“大切な人を大切にできていないことへの罪悪感”

“自分の力を発揮することへの怖れ・自分の能力への自信のなさ”

ですと!

 

うーむ、

思い当るところがあるような気もしますし、

さらに自分が気づいていない何かがあるような気もします。

 

ちょっと深めてみましょう、と決めた朝でした。

 

でもね、何で今まで「腕というからだの声」を聴くことを思い出さなかったか、にもちゃんと意味があると思います。

受け取る準備が整ったから、今なのだと思うのです。

すべて良きことが起きている♪

 

 

 

ekos-aさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス