コーチが聴く!自分で地図を描く人たちの知恵

~知恵を言葉に ひらめきを行動に~


テーマ:

朝からトイレの話で恐縮ですが、

最近、デパートや駅などのトイレで並んで順番待ちをしていると、前の方から「お先にどうぞ」と言われることが増えてきました。

「和式トイレが空きましたので、よかったらお先にどうぞ」と。

どうやら膝の痛みなどの影響で、和式トイレは使いにくいと感じておられるようです。

ありがたく先に使わせていただきますが、

昔は和式トイレがほとんどでしたけれど、あの頃膝が痛む方はどうしていらっしゃったのでしょうか。

 

もしかしたら、テーブルとイスの暮らし、洋式トイレの普及、はたまた草履や下駄から靴とハイヒールに変わるなどで、私たちの身体の使い方は変わってきたのかもしれませんね。

畳で正座やあぐらで生活していると、立ったり座ったりで結構筋トレになる感覚があります。

イスだと楽ちんでいいけれど、足腰は鍛えにくい(ような気がします)。

草履や下駄は、何と言っても足が楽。

土踏まずのアーチが落ちている私にとっては、普通の靴はしびれや痛みが出やすいのでデザイン選びに時間がかかりますが、草履や下駄はオールOK。痛みもなくてとても助かります。

 

先日、「中空構造日本の深層」河合隼雄さん著の読書会を開きましたが、そこでも“身体の使い方”が話題になりました。

以前、よく小学校の校庭や近所の道端で、男の子が相撲を取っていたり、意味もなく取っ組み合っていたりする姿をよく見かけましたが、最近はそういう光景を見ていない気がします。

また、掃除の時間にはなが~い廊下や体育館のひろ~い床を、一斉に端から端まで雑巾がけする時間がありました。

今はモップを使ったり、掃除自体を業者さんに任せていたりするそうですね。

必然的に、肚が据わることが減っているだろうなぁ。

 

心と身体はつながっているので、身体の使い方が変わる=心の在り様が変わる でしょう。

 

私は直観的にそう感じるだけなので、これを実感している方がいらしたら、ぜひお話を伺いたいものです。

次の世代の子どもたちに、受け渡せるものがあるに違いないですから♪

 

 

 

ekos-aさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。