『単体利益』と『団体利益』 | ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である!

ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である!

不動産投資歴9年のサラリーマン投資家ブログ
家賃年収2,000万。年間CF1500万。
返済比率25%の『超』安全な破綻しない不動産投資。
『富導算塾』の塾長としても大活躍中。

ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である。

 

今小作氏と鳥貴族で会議。

過分なお見舞いをいただいて感動で涙が止まらない。

 

性格が破綻しているので、感動するたびに人格が変わっていく。

 

『単体利益』卒業することが、

不動産投資家としての成長に繋がると思っている。

 

最初の物件は本当に大事。

が、本当に大事なのは次の一手

 

複数の物件を持つことによって。

 

不動産の収入が『団体利益』になる。

 

単体利益の時は、支出に対して敏感になる。

一つ一つの修繕や細かい出費に目がどうしても行ってしまう。

そこで、『経費感』や『支出感』の感度が上がっていく。

収入に対しての比率が高い分、ダメージに感じてしまう人も多い。

 

時間がたち物件を複数持つようになると・・・・

 

お金の流れが複数あるということで、

全体の流れを重視することになり、

『大体の金額』

に大差がなければ細かいところまで気にせず使えるようになる。

 

1円単位で気になるのは『単体利益』か『病気』

 

不動産所得を団体化することで、

『大きな心』で『支出』を『許容』することが出来るようになる。

その力を知ることが、重要。

『単体利益』から、

 

『団体利益』へ。

 

今回の被災も、最初の物件でこれしか無かったら耐えられなかった。

お金も、気持ちも。

 

しかし、すべての物件で見たときのトータルで考えれば、耐えることが出来る。

 

 

『個人』として、

行動していたらそれでも気持ちは難しかったと思う。

『団体』として、

塾生がいて、投資家仲間や友人の助けもあって。

今は、心がとても豊かに満ち溢れている。

 

大家になるための資金は1~2年本気で頑張れば貯められる。

自らの人生という航海の船長になるために。

その後の為に、人との繋がりも大切にした方が良い。

 

『単体利益』

より、

『団体利益』

 

『個人』より『仲間』

 

複利の力を思い知るとき・・・・

物件を増やす過程に物語を想像しよう。

買えなくても物件を探す素振りをして、たくさんの物件に足を運ぶんじゃ!!

潮が満ちたとき・・・後悔しない航海への船出の時期がやってくるんじゃ!!

 

未来の為に『人』を大事にするんじゃ。

 

『漢』を磨けば自然と人を大切に出来る・・・・!!!・・・・はずなんじゃ!!

 

 

あんなにネタにしていたのに今小作氏の心遣いに涙が止まらない!!!

ブログ的にはもっともっとネタにしたい・・・・・。

葛藤が・・・・止まらないんじゃ!!!