ちほうの現実 | ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である!

ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である!

不動産投資歴9年のサラリーマン投資家ブログ
家賃年収2,000万。年間CF1500万。
返済比率25%の『超』安全な破綻しない不動産投資。
『富導算塾』の塾長としても大活躍中。


テーマ:

ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である。

 

先日の記事でポールさんのコメントで予定コメントを上回ったので急遽更新 

『本家の長男』じゃから地元に帰る決意を持っていた高校生までのワシ・・・・。

予定は急遽変わってしまうこともある・・・。

 

性格が破綻しているので一人で飲むと酔っぱらう。

 

地方と都会の格差が激しい。

特に衰退が始まっている地方都市はヤバい

 

30代40代の子育て世代の手取り収入を聞いて愕然とした。

月の手取り10万円代の方もいた。

額面はもう少しあったが、源泉の年収も300万円代。

結構みんなそんなもんですよ~と危機感無く言われて背筋が凍った。

ちなみに、東京で同じ仕事をしていたら最低4~500万円台。

地方にいる理由を尋ねると・・・

 

『長男なんで~』

 

親の世代に比べ、確実に預け入れ金利が下がっている。

相対的な物価、税金は上がっている。

 

長男だからという理由実家に戻らねばならない時代なんじゃろうか。

 

工場勤務ではないが、フン様の本をプレゼントした。

市営住宅に賃貸で住んでいるという話じゃったので、

具体的にフラット35で賃貸併用住宅を建てるようお勧めした。

 

動くか動かないかは分からないが、目を輝かせて聞いていた。

 

ワシ、ワシが責任を取れない人に教えるのがあまり好きではない。

しかし・・・高校生のころまでワシも同じように考えていた。

『本家の長男だから実家に戻る』

他人のような気がせず、具体的な金額までアドバイスしていた。

 

人口が増えていた時代の地方の生き方今の生き方は違う。

 

情報と時代の変化についていけないと『痴呆』で埋もれてしまう。

 

武器を持たず『地方』から離れずに疲弊していく生き方よりも。

金を都会で稼ぎ、武器を持って『地方』に帰る道もある。

 

ちょっと、自分のパラレルワールドを考えた一日じゃった。

 

『漢』を磨いて人に優しい人になりたいんじゃ。

 

本日金沢入り予定。セミナーを聞いて親友に会う。心が躍っている。

こんな幸せも最低限のお金が無いと出来ないと思うと色々考えてしまう。

同一労働同一賃金とか言う前に・・・地方の所得問題を解決しないといけない気がするんじゃ!!

 

ekodajima-heihachiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス