正解≒紹介

テーマ:

ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である。

 

性格が破綻しているので好きな人と嫌いな人がものすごくハッキリしている。

 

距離を急激に詰めてくる『空気が読めない人』が嫌いなんじゃ。

距離を詰めるにも『礼儀』がある。気付かない人は一生気付いてくれない。

 

 

滋賀に住んでおったときの話。

嫁さんの家族が遊びに来て、義父と飲みに行った。

スナックに行き、ボトルを入れる

女の子にも好きなドリンクを『適度』に飲ませてあげる。

無くなると店のママに次の店を紹介してもらう。

次の店でもボトルを入れ

無くなると次の店のママに次の次の店を紹介してもらう。

3軒ハシゴしてぐでんぐでんになって帰った。

 

初めての街で、最初の店が良い店だったら

いつもそういう風に飲むとのこと。

義父に飲み方を教えてもらった。

 

実に合理的な飲み方じゃなあと感心した。

 

良い店のママは、次の店のママに感謝される

後日、逆パターンもあるじゃろう。

もちろん、変な店を紹介出来ないし、するわけもない。

 

紹介=正解

 

最初の店でケチケチ飲むショボい客だと、

良い店には紹介してもらえない。

 

そこそこのボトルを入れて、女の子にご馳走して、良い客になる。

 

次の店に紹介するメリットはもう分かるじゃろう。

 

数千円の支払いの差(お金の使い方)で、

紹介したくなる人かどうか判断され、

どの店に紹介するか決まる。

次の店側も実は判断されている。

ケチケチ飲む客を紹介する次の店もきっと存在する。

 

良い客は良い店に紹介される。

特別な顧客は存在する。

良くない客はそれなりの店に放流される。

 

紹介にたどり着け『無い』人が・・・

紹(しょう)がない人になる。

 

紹介される人になるか。

しょうがない人になるか。

 

・・・・・・・・。

 

今日のブログの分量を超えてしまった。

あまり深く自分で掘り下げたくは無いのじゃが・・・・

出来れば読者が自分で深く考える『余白』をたくさん残したい・・・。

ちょっとこの件は大事なことなので次回につなげて書いてみるんじゃ。

 

常に裏を読む癖をつけて『漢』を磨くんじゃ。

与えられるばかりの人生では『漢』は磨かれない!!

 

消化胃が出来なくて太ってしまう。

消化胃が出来て健康な身体が欲しいんじゃ!!

AD

コメント(2)