電気自動車(EV車)を購入したいが、カーポートが必要か調べている、

 

できれば太陽光発電も合わせて付けたい、そんな方へ

 

 

 

ソーラーカーポートとトライブリッド蓄電システムのご案内

※補助金が新たに始まりました!

 

電気自動車のメリットは、ガソリン代が不要な分、

 

電気代はかかりますが、安くなります。

 

その他、オイル交換やメンテナンス費用が安くなり、

 

さらに給電装置があれば、家の電気を賄え、

 

停電したときも家に電気を供給することもできます。

 

 

 

こんにちは、成功電気の今井です。

愛知県北名古屋市で住宅の電気設計を20年ほど続けています。


主に住宅の蓄電池、太陽光発電、V2Hやスマートホームの

 

設計施工を500件以上実施しています。

 



もくじ
設置条件

設置するメリット3選

設置するデメリット3選

まとめ

 

 

 



1,蓄電池とソーラーカーポートの設置条件


電気自動車を購入予定の方
ソーラーカーポートが解決します。


カーポートを設置しようと考えていたが、確認申請や建築面積の問題で設していない方


せっかくカーポートを設置するなら、長く使えるように設置したいですよね。

 

簡易的なカーポートで確認申請がいらないタイプもありますが、

 

ここでは確認申請など設置条件も見込んだうえ解説していきます。



以前は太陽光発電をいっぱい載せると全量にできる為、

 

屋根に載せてかつ、カーポートにも付ける形で、成功電気も何件も施工をしてきました。

現在では、

 

太陽光発電を屋根に付けられないので、カーポートに付けられないかと相談が良くあります。


2,蓄電池とソーラーカーポートのメリット

 


メリット 3選


①霜が降りにくくなり、雨と雪を避けられる。
②車内外が熱くならないので、車の劣化を防げる

③災害対策になり、ガス代と電気代が削減できる

 

 

 

①,霜が降りにくくなり、雨と雪を避けられる。

電気自動車の充電口は、日産リーフやホンダEなどは、ボンネットの一部に充電口があり雨が当たりやすくなっています、防水とはなってはいますが、差すときどうしても雨が金属に当たってしまうことがあるため屋根があった方がいいです。

設置させて頂いて初めて知りましたが、冬にフロントガラスの霜取りの手間が少なくなったと聞きます。

 

 

②,車内外が熱くならないので、車の劣化を防げる

直射日光による各部品や塗装の劣化を防ぐことができます。

また、車内の温度上昇を抑えられるため、車のバッテリーの持ちもよくなるようです。

 


③,災害対策になり、ガス代と電気代が削減できる

災害対策について下記の記事に詳しくまとまています。

 

 

2021年は補助金がしっかり出ます。

 

ガス代電気代を節約など下記サイトでまとめています。

 

 

 

 

3,蓄電池とソーラーカーポートのデメリット

デメリット 3選

①敷地宅地の種類によって確認申請が必要です

②駐車場が狭くなる

③屋根載せパネルに比べコストパフォーマンスが悪い

 

①,敷地宅地の種類によって確認申請が必要です

カーポートの広さにより、10㎡以上の確認申請が必要

道路との離隔距離、延焼ライン

 

 

②,駐車場が狭くなる

基礎は、柱より飛び出します。
カーポートは圧迫感と、柱の位置によって少し狭く感じます。
スペースに余裕が全くない場合は、カーポート自体をあきらめた方がいいです。


③,屋根載せパネルに比べコストパフォーマンスが悪い
ソーラーカーポートだと日の当たり具合なども影響してくる。
自給自足がメインの今の太陽光発電は、売電のメリットとは違い
一般のカーポートと、一般の太陽光発電を合わせた値段で比較する

どうしても、ソーラーカーポートは位置的にも、方位的な問題もあり、屋根に載せるだけのパフォーマンスは出ない場合が多いですが、自給自足や災害対策を考えた場合、十分検討対象となると考えています。

 

 

 

4,蓄電池とソーラーカーポートのまとめ


一体型のソーラーカーポートの場合、安定した発電量が確保できることがメリットとなり
万が一の停電対策が電気自動車と組み合わせてできる強みは大きいです。

太陽光発電、カーポート、蓄電池と電気自動車の4つの機能でコストはかかりますが
自給自足による、停電対策、環境対策、経済メリットの3つのメリットが手に入ります。

カーポートの設置位置、太陽光発電のケーブルのルート、蓄電池やパワーコンディショナーの設置位置など考えるポイントも多く特殊な知識とノウハウが必要となります。

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

こちらでトライブリッド蓄電システムについて詳しく説明していきます

 

 

 

終わり

 

 

関連記事