蓄電池の補助金の残り予算 | 光熱費の節約、省エネ住宅のエコブログ

光熱費の節約、省エネ住宅のエコブログ

省エネ住宅ポイントのホームページです。
http://www.ecoseikou.net/
見に来てください。

蓄電池の補助金の残り予算


平成31年度「災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金」

 

太陽光発電を設置する又は設置済みの方が基準以下の金額でリチウムイオン蓄電池を設置することで申請できるものです。


補助金の交付決定が7月10日から始まりました。

 

9月4日にHPで確認したところ

 

令和元年9月4日 434件 ¥90,070,422

合計 4,130件 ¥849,732,674


補助金総額 38.5億円の内数

交付決定額 8.5億円

予算 残り 30億円

 

 

各発表日までの計を日割すると

 

7月17日までの1日平均814万円

7月24日までの1日平均1000万円

 伸び率 1.22倍

7月31日までの1日平均524件 1514万円

 伸び率 1.51倍

8月8日までの1日平均2042万円

伸び率 1.35倍

8月15日までの1日平均1351万円

伸び率0.66倍

 8月21日までの1日平均1469万円

 伸び率1.09倍

 8月28日までの1日平均 1962万円

 伸び率1.33倍

 9月4日までの1日平均 1286万円

 伸び率0.65倍

 

前回の推測、

予測は1日平均1962万円。

実績とは大きく違いました。

 

理由の考察

8月15日の交付決定発表時と似た下げ率です。

ワースト3の額でした。

上記の原因から、交付申請がたまっていた分を前回に消化した為、現在の交付申請分のみを処理しているのかなと考えます。


次回の予測は

1.1倍 1400万円と予測します。



参考情報

公募締切11月29日12:00必着

9月5日から残り  85日


交付申請から交付決定まで30日程度と記載あり

のため、交付決定まで115日


卒FITの方が本格的に動き出すタイミング

FIT終了の4ヶ月前に案内が電力会社から来る→7月中旬、申請代行者を決めて申請で45日

申請から交付決定まで30日

と想定すると9月末ごろから交付決定額も倍増する。1日平均4000万円

11月の怒涛の駆け込みも予測できます。1日平均6000万円

と想定すると予算を使い切れそうです。

 

事業完了期限は2019年12月27日(金)とし

・実績報告提出期限 実績報告書は、災害対応型の場合は事業完了日から30日以内、または2020年1月31日(金)正 午のいずれか早い迄に提出すること。