☆10/27の天体図と陰陽配置を活用し、自分の恒星へと還る道を探る☆社会的な重苦しさを手放して☆ | 星へと還る道~社会的な重さを手放して~

星へと還る道~社会的な重さを手放して~

 
占星術と易経を活用して
【社会的な重さを手放して、恒星へと還る道】
をお伝えしております

ぜひご覧下さい

こんな方々と共有できれば嬉しいです!!

・社会の中でなんとなく生きにくさを感じる・・・

・より深く自分と繋がりたい、自分を知りたいけど方法が分からない・・・

・毎日があっという間に過ぎて、でも何をしたいか分からない・・・

 

 

交互フォロー致しますので、ぜひお願い致します

 

 

 

なお、youtube動画の投稿もしています

ブログとは違うテーマでお話していますので、ご覧下さい

 

 

 

 

 

 

 

スタピ的に見た10月27日は夢の中から企画力を引っ張り出す!!

地上的に見れば吉方位は北、しかし吉神は地面に伏せてご利益は薄そうです

 

 

皆様、こんにちは。

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

『占星術・星占い』と『易経』をベースに"社会的な重苦しさを手放して、自分が繋がっている恒星へと還る道"をお伝えしているYamaと申します。 

 

スピリチュアルに、スタピ的に。

ちょこっと地上のことも混ぜて。

10月27日へのメッセージ、ぜひご覧頂ければと思います。

 

なお、記事の後半部分で私の読み解き方針について補足をしております。

 よろしければそちらも合わせてご覧ください。 

 

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

 

f:id:eki-yama:20201026154545j:plain





まずはもっとも身近な天体である"月"の様子から。

 

 

明日の月は刺激を求めて動くとき!!

 

 

 

月は魚座の中盤を過ぎました。

 

まとめをしつつ、脇道へ逸れたり素早い動きに取り組みます。

 

 

その場のひらめきを生かしつつ、実際的な部分をやっていきます。

 

魚座と乙女座の視野に関する部分が出てくるでしょう。

 

 

 

そんな月は、海王星=夢見の天体との関わりが深いです。

 

その関わり方は一体化するような関係。

 

 私生活が夢の生活になっていく。

 

感情の区別が曖昧化する。

 

それによってひらめきがやってくると言えそうです。

 

 

 

そして明日の太陽=人生のメインテーマは、感情では動かせない事態に向き合う!!

 

 

さそり座は深い感情や圧縮力。

 

 

それによって物事を変化させたいのですが、なかなか進まない時期に差し掛かります。

 

挫折をするか、さらに強力な集中力で突破するか。

 

分かれ目となる時期と言えそうです。 

 

 

 

 

なお、陰陽配置から見る明日は「天山遯(てんざんとん))」

 

 

陽ーーー

陽ーーー

陽ーーー

陽ーーー

陰ー ー〇

陰ー ー

 

 天山遯

 

 

 

これは逃げるが勝ちの形。

 

下から陰が迫ってくるので、早めに引き上げるのが得策です。 

 

新しく手をかけるのは良くありません。

 

 

 

その二番目。

 

ここは逃げようにも、拘束する力が強く敵わないところ。

 

 

逃れる意志だけはしっかり保ちつつ、動かないことが肝要です。 

 

 無理に動いても、相手が強力で勝つことは難しいでしょう。

 

 

 

なお、スタピ的には必要ないと思いつつも参考までに・・・明日の吉方位は"子"=北の方角。

 

とはいえ、吉神は地面に伏せてご利益は薄いとみます。

 

また改めて出かけるようにしましょう。

 

 

 

 

まとめると・・・私生活では夢から閃きを得る時期。

カンと素早い動きを駆使して進んでいきましょう。

 

 

対外的には感情で変えられないことに向き合うとき。

挫折か突破か、分かれ道を意識しましょう。

 

 

行動するのは控えるべき。

考えは温めつつ、いまじっと耐えるべきときです。

 

 

夢の閃きを頼りに、壁を突破する構えです。

 

すぐには動けなくとも、意志だけは保つように心がけましょう。

 

 

 

 

今日書いたのは、ほんの一例ですが、色んな天体を活用して全惑星意識へ!!

皆様の生活にも当てはめてみてください。

 

 

 

なお、私事ですがランキングにも参加しておりまして・・・

一票頂けますと、モチベーションが物凄く上がります!!

どうぞクリック頂き、応援をよろしくお願い致します

 

 


その他・全般ランキング

  

 

 

さて、ここから私の伝え方に関する補足となります。

少々長いですが、ご覧頂ければ幸いです。

 

 

大切にしているポイントは二つ。

「あえて具体化せず抽象的な表現に留める」こと、「普段ボーっとしてても、ここぞというときに目覚めていてほしい」ことの二点。

 

言葉にするとどうしても情報量がそがれます。

具体例にするとさらに縛られます。

 

読まれる方の状況に応じて、イメージを膨らませてほしいと思います。

正解は無く、その考え自体がすでに縛られていると気づいて頂きたいとも思っています。

 

 

そして人生の切り換え点でこそ目覚めて、より発展させて頂きたいのです。

その切り換え点とは新月の時や月食の時、その他いくつか大きな時期があります。

 

人生がうまく行かない方というのは、この時期に眠ったり意識が飛んでいる可能性が高いのです。

しかし占星術を活用してその時期をしることができれば、今までとは全く違う可能性を発掘することが可能です。

 

そのためにまずは地球に一番近い天体=月に注目しています。

性質上、ここが一番どなたにも表面化しやすいのです。

いずれは月以外の天体にも注目していくべきですが、まずは興味を持っていただくために絞って解説しております。

 

なんにしても大切なのは「普通の人なら眠ってしまう瞬間にこそ、目覚めていられるように」ということになります。 

 

 

以上の二点が、私がお伝えする際に大切にしていることであります。

もちろん、私自身も日常で意識していることでもあります。

ぜひ皆様にも意識して頂ければ、これ以上嬉しいことはありません。

 

 

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

毎晩の更新を心掛けておりますので、どうぞまたご覧ください。

 

それでは。