漫画などでの子供に関する性表現を規制対象とする東京都の青少年健全育成条例改正案について、都議会最大会派の民主党は18日までに、継続審査の動議を提案する方針を固めた。共産党、生活者ネットワーク・みらいも同調する方向。これにより、同改正案は開会中の今都議会では成立せず、継続審査の見通しとなった。
 改正案は、漫画やアニメの中の18歳未満と類推される人物を「非実在青少年」と規定。非実在青少年への性暴力などを肯定的に描く図書類を、青少年への販売・閲覧規制の対象に加える内容だが、漫画家有志や出版業界が「表現の自由を奪う」などと反対している。 

【関連ニュース】
ネット証券がFXてこ入れ=顧客流入見込み手数料下げなど
ネット関連初の業界団体=政策提言、白書発行など実施へ
カブドットコム、FXの基準スプレッドを縮小=大手ネット証券では最低水準に
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査

<こいのぼり>大空に“放流”間もなく 埼玉・加須(毎日新聞)
<大分コンサル脱税>大光など3社に罰金3億円超求刑(毎日新聞)
首相、朝鮮学校の無償化に前向き 「懸念は払拭していける」(産経新聞)
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い-大阪(時事通信)
サーベイランス体制の見直しを検討―インフル対策で厚労省(医療介護CBニュース)