出会い
2012-09-25 18:56:47

チェリーとほたる、親子で成長

テーマ:えぼし高原ホースパークの馬たち

6月17日にチェリーを母として生まれたほたるは4か月児になりました。

母親チェリーに見守られながらこんなに大きくなりました。



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-初おっぱい
 生まれたその日にやっとたち上がりやっとおっぱい

  にたどり着いた時の映像です



  馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-こんなに大きくなっても  

                                   今日9月25日の映像


餌は奪うようにして食べても、こんなに大きくなっても、おっぱいも飲んでます。

ほたるの成長は、活発になったこと、力強いくなったことだけでなく、見てのとおりすごく大きくなったことでお分かり頂けると思います。


でも、驚くのは母ポニーチェリーの成長です 目


チェリーの右目は、黒目の周りが白い魚目(さめ)で、可愛い左目に比べると、いかにも目つきが悪く、このこともあってか可愛がられずに育ってきたようです。


そのためか、ここに来てからも心が荒んでいるのか非常に警戒心が強く、荒くれでいわゆるじゃじゃ馬でした。

怖くて怯えていたのでしょう。


頭の上や鬣は特に苦手で、そこを触ろうものなら蹴るわ跳ねるわ噛みつくわで大変でした。
(それでもやっとの思いで頭絡付け鞍をつけると、何とか乗せてはくれていました。)                                                       



赤ちゃんを産んでも育てられるかしらと心配もしていました。


でも出産に耐えた母親は、人も馬も同じなんですね。


怖かった色々なことが怖くなくなり、度胸がつき心も強くなるんです。

穏やかになるんです。

優しい人に素直になれるんです。

   (すみません。言い切っちゃいました)


チェリーは成長しました。

暴らくれのじゃじゃ馬娘は素敵なレディに生まれ変わりました。


こんなに変わるとは想像できませんでした。

今日は首に手を回してよしよしすることさえできましたラブラブ

まったく前のチェリーでは考えられないことです目


(まだまだほたるを守ろうとするときは、威嚇してきたりかみついたりするんでご用心ですが))



仲良し親子の放馬風景


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-ポニーの放馬風景1   馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-ポニーの放馬風景4



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-ポニーの放馬風景3   馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-ポニーの放馬風景2


今後もチェリー親子の成長を楽しみに見守ってください。



       

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-09-22 04:46:29

ケンちゃんの狩の腕前

テーマ:ホースパークの仲間たち

ケンちゃんは8月29日で2歳になりました。クラッカー 

夏の間は、休憩室の床下にぐぅぐぅ避暑することが多く、

来訪者も子馬やヤギに関心が向い、ケンちゃんの夏は影が薄かったのですが

少し涼しくなって・・・


久しぶりのケンちゃんネタですので、


長い記事になりますが、よろしかったら読んでください。


8月のある日、放し飼いの烏骨鶏バニラを、リードが壊れて外れたケンちゃんが咥えて走り去りました。


50m先のログハウス横の土手で,鶏の叫ぶ声がしたので、

テラス上から「ケン、やめろ!」と怒ると、ケンはこちらを見てびっくりし口を開けます。

その拍子にバニラは飛び立ち逃げます。


そばまで行くと、バニラは藪の中で死んだように倒れています。瀕死の状態。


ケンはというと、怒られると思ってか、傍の溝の中で隠れたようにして伏せて私を上目遣いで見ています。

叱られるときしょぼんの表情です。


しかし、鶏を捕まえるという行為も、狩猟犬血統の本能からの仕業だと思うと、強く叱ることもできません。


その後、ケンにリードをつけなおし、倒れたバニラのところまで行くと、バニラは突然起きだして、藪の奥へ走って逃げていってしまいました。


気絶していただけなのか死んだふりをしていたのか。

それからも、ケンに捜させましたが、その日は近くでは見つかりませんでした。


いずれにしても、バニラは怪我もしているであろうし、この付近は、タヌキや狐もおり、連日の強い雨もあり

生存は難しいと諦めていました。


ところがバニラは、3日目にひょっこり帰ってきました。

バニラ蘇る

ケンに捕われたときに尻尾の羽は抜けてしまっていましたが、意外にも怪我はしていませんでした。


ケンは傷つけないような強さで噛んでいたのでしょう

 

(尻尾の羽は抜けていました。)

馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park

急遽、新しく鶏小屋を作りましたがケンちゃんはあいかわらず烏骨鶏を獲物と思っているらしく、鶏小屋の周りで狙っています。

 
馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park
 









ここでは、ほかにけんか鶏のメン鳥を2羽放し飼いにして飼っています。

この2羽は、繋がれているケンちゃんの目の前をこれ見よがしに通ったりします。


  (強面のコッコには、ちょっと遠慮気味)

馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park


鳩を一回り大きくしたような綺麗な座敷鶏のつがいも居ます


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park








      

  馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park


さて、ケンちゃんが烏骨鶏を獲物と思うようになったのには
そもそも、次のような出来事からのようです。


先月のこと、日中ケージから出た2羽の烏骨鶏が喧嘩を始めていましたが、夕方になると2羽とも姿が見えなくなりました。


その日、遊びにきていた小学生の女の子とスタッフが捜しますが見つかりません。

そのうち帰ってくるさと思い放っていましたが、女の子があまり心配するしょぼんので、試しにケンに捜してもらうことにしました。


女の子と私で、ケンに「鶏が居なくなったので捜してくれ」と言い聞かせてリードをつけました。

ケンは捜し始めるとすぐに、臭いを嗅ぎ始め、強く引っ張って藪の中に進みますが、前方に鶏は見えません。


ケンはさらに小さなガケを降りて行きます。その時「クワックワッ」と鳴き声がして烏骨鶏が飛び出してきました。

みごと発見しました。


その時は、噛み付こうとするケンを制して烏骨鶏を捕獲することが出来ました。

1羽を捕まえたので、なおさらほかの1羽は放っておいても戻って来ると思い仕事をしていると、また女の子がしょぼん心配しています。

再度、「じゃ、もう一度ケンちゃんに捜してもらおうか」と、ケンのところへ行くと休憩室の床下に潜ってしまい出てこようとしません。

リードを引っ張って床下からケンを引きずり出し、「もう1羽の鶏を捜してくれ」と言うと、今度は先ほどとは7・8mほど離れた藪に向かって行きます。またしても前方に鶏の姿は見えません。

少し進むと別の方向から捜していたスタッフが「(ケンが進む先の)木の影に居るのが見えるよ」と教えてくれました。なるほどケンの捜索は的確でした。


その日、ケンは2羽の烏骨鶏の捜索に見事成功しました。

鶏を捕獲し抱き上げると、ケンは、「僕の獲物だ」とばかりに私が抱いている鶏にまで飛びかかってきました

その後、このことがきっかけで烏骨鶏を獲物と認識するようになったようです。


台風16号の前日の夕方も、けんか鶏のチョッチョの姿が見えない時、

ケンちゃんに 「チョッチョがいないので捜して」と頼むと、厩舎内の冷蔵庫台の

下や餌作り台の下に潜り込んでチョッチョを発見してくれました


特別に訓練もしないのですが、本当にお利口です。



         雨の中でも、原っぱをいかにも楽しそうに疾走しています。

馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park
 












雨の日は、このあたりを通る人もないので、「30分したら帰って来いよ」と言い聞かせて放してやることもあります。そうするとほぼ30分後には戻ってきます。すごく賢いでしょう。

(ただ、すぐには捕まらず私たちの周りを遊んでとばかりに走り回りますが・・・)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-09-18 06:47:56

ノアの方舟

テーマ:ホースパークの仲間たち

ホースパーク開設以来、台風台風は何度か来ましたが、今回の16号台風は

今までにない強い風が未明から昼前まで吹き荒れました。台風山羊小屋が傾いたり

一部波板が剥がれただけで大きな被害もなくほっとしました。汗汗


 大風が吹いても馬房は静かですので馬たちはじっとしています。

そこに、傾いた山羊小屋から抜け出してきた山羊が厩舎に逃げ込

んで来ました


外は大風、狭い厩舎内は、馬、山羊、犬、鶏とまるで「ノアの方舟」状態となりました。

                 馬ヒツジわんわんヒヨコ


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park
                    厚かましく馬房に入り込むミルク

馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park

マロンが鶏の餌を食べようとすると、チョッチョから突っつかれて追い払われます。

馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park






馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park
この顔で突っつかれたらおっかない

馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-09-16 08:16:35

ふれLOVE(ふれあい)スクールー夏休みバージョンー

テーマ:ホースセラピー

夏休み期間中の 8月22日

ふれLOVE(ふれあい)スクールが開催されました。


      馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-第1班  1班の参加者


 当日は、障がいを持つ子とその親や関係者、社会福祉協議会などのスタッフ、ボランティアの方など大勢の方々が、えぼし高原ホースパークに集い、「ふれLOVE動物園」として、えぼしの自然の中、馬や小動物とのふれあいを楽しまれました。

 お隣の「ゆい乃荘」でも、土と親しむ「ふれふぁーむ」が同時開催されました。


たくさんの笑顔や動物とのふれあいの場面を紹介します。


まさに ふれLOVEドキドキ!!


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-やぎさんと対決  やぎさんとゴッツンコ


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-ユキにびっくり  うわ~びっくりしたあ!!



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-えさやり体験    馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-えさやり体験


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-やぎさんが遊んで


ポニーの仔馬「ほたる」ちゃん


馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-ほたるとの触れ合い  なでなで音譜 わっ 気持ちいい(^∇^)



                  馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-ほたると戯れ  お散歩おさんぽアップ



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-ヤダヤダ

スタッフ : 「チェリーには触っちゃダメよ」 (赤ちゃんを産んで気が立っているので)


障がいを持たれている子どもさん : 「ヤダヤダさわりたいよお~」


ほたる : 「あたちじゃダメ?」


皆さん、馬や小動物の体温やにおい、呼吸、動きなどを五感で感じてもらえたのではないでしょうか。



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-馬上体操       馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park-保護者の方の乗馬体験

          今回は、保護者の方にサラブレット乗馬を体験していただきました。


 

 このふれLOVEスクールの実行委員会は、

障がい児を持つ親たちやその関係者が、「自らの手でプログラムを作成し、自らが実施し自らが責任をとる」といった「自立・自己責任」を基本に、起こされてきたようです。


 この実行委員会に、社会福祉協議会が共催し、また行政・福祉関係者及び教育関係者からなるボランティアが協力して、毎年夏休み期間中にこのスクールが実施されてきていました。

 今年は、夏休みだけで終わるのではなく年間を通して継続的に参加できるようなプログラムになっていて、来月以降も開催されます。


 






 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-09-09 19:44:25

ほたるの出張

テーマ:えぼし高原ホースパークの馬たち
6月17日生まれのほたるは、まだ生まれて3か月も経っていませんが

すくすくと育ち、大きくなってきました。


そんなある日、ある保育園に出張



まずは、軽自動車を馬運車に仕立てて・・・



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park

すんなりと乗ってくれました。



園庭に入ると大きな歓声があがり

すぐにほたるは子供たちに囲まれて、触られまくりラブラブ



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park

うわ~気持ちいいい音譜

うわ~可愛~い音譜

と、子供たちは大きな歓声をあげて大はしゃぎ



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park

大勢に囲まれても、少しも動じないほたるは大物 !?


 馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park


ひとしきり触った後は円陣をつくって座り、

ほたるの名前紹介などをお利口さんに聞いてくれました。




                   馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park


さよならの時は、またまたほたるの周りにドッと集まり触ってくれました。



馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park  美しいい緑の田んぼの風景を見ながら余裕のほたる!!馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park  車の中で脚踏ん張って!!




今度は、どこに出張しようかなあ


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。