出会い
2010-07-30 03:59:10

馬2頭を連れてきました

テーマ:ブログ

 工事着手してから3ヶ月余、多くの人の支援とご協力のおかげで馬場や厩舎の整備が進み、725日に乗馬療法用半血種(牝馬)1馬を、26日にはポニー馬1頭を厩舎に入れることができた。音譜サラブレッド2頭は今週中を予定。


 馬運は始めてであったが、乗馬仲間と二人で師の指導を受けながら無事に入厩させることができた。半血種は削蹄・装蹄をしてから運搬することになったが、到着間もない種牡馬が牝馬の気配を感じたのか暴れ出したことから、この種牡馬の視界に入らないようにするために、土の上で炎天下の作業となり熱射病寸前のきつい作業であった。馬は移動に馴れておりスムーズにトラックの荷台に飛び乗り、道中も悠然として景色を眺めているかのようであった。ポニーの方は、普段から異常な警戒心を持っており、曳き馬しようにも跳びはねてパニック状態、やや力ずくで乗せて出発するが車上では嘶き続けていた。


馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -山道を馬運中

到着するとポニーにとっては始めての地にもかかわらず、自ら厩舎に向かって進みなんのこともなく部屋に入った。警戒心が強いこの馬を知っていて見守っていた工事の人たちも、不思議そうに見ていた。その理由はほどなく解かった。異常な警戒心の一方で、同じくらいに寂しがり馬(はーとやだということである。馬運車が厩舎の横を通ったときに、車上から馬の姿が目に入ったので少しでも早くその近くに行きたかったのであろう。


 その後も厩舎に1頭になるとパニックを起こしてしまう。1頭が運動に出ている間は、誰かが話しかけたりするとなんとか落ち着く始末である。すぐに尻を向けて蹴るぞと威嚇してくる。こんなんで使い物になる日が来るのであろうか。


馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -ポニー

馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -入厩後の初食事


 厩舎内は涼しく馬も人も快適である。平地の暑さがウソのようである。

 夜も更けると厩舎の周辺には、ガサガサ・ブヒブヒと猪の気配と狸や狐、あらいグマも出没する。ポニーが驚いて怪我でもしてはと、急遽であるが猪等侵入防止戸の設置と番犬わんわんを導入することにした。番犬は当初譲っていただくことになっていたが、その後に飼い主が手放せなくなったようで、新たに探すことになった。秋になればもう1頭ジャックラッセルの子犬を飼うことにしたい。


 隣接の障害者施設の皆さんによる芝馬場の整地作業は連日の暑さにもかかわらず、午前中の2時間程度を耕転機で耕したり石除去の作業をされている。当初牧草・芝を植える予定であったが、本年はコスモス畑園としその園内を曳き馬乗馬ができるように設計整備されている。皆さんと馬との交流も進んでいる。馬が馴れてきたら少しずつ世話もお願いすることにしたい。牧草の栽培にも取り組むことで地域の方に畑の使用についてお願いしてみるとのことである。コスモス畑園は火山地質で雑草も生えないほどやせている。先に無償提供していただいた肥料は窒素分がほとんど含まれていなかったことから、今度は窒素分の多い肥料が必要となった。以前に我家で10キロ200円程度で購入した肥料が葉物に効果的であったのでそれを購入しようと、1トントラックで取りに行っていくらでしょうか、と販売先関係者に問い合わせたところ、趣旨を理解していただき10トントラック1台分の無償提供!!を約束いただいた。「感謝」「感謝」です。天候が回復晴れしたら肥料の搬入をお願いすることとする。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-07-22 06:57:52

いよいよ入厩近まる

テーマ:ブログ

一昨日は、隣接の障害者施設の皆さんといっしょに再び味菜自然村を訪ねました。オーナーからは熱心丁寧に説明・案内していただきました。何種類もの豚をまじかに見られて、仔豚たちブタにかわいいとの歓声があがっていました。菌類についての簡単な講義を受けることもできました。出荷前の忙しい時期にお邪魔したにもかかわらず、温かい対応に感謝です。



今週末の馬の入厩に備え、作業が加勢されます。汗厩舎の4部屋目の入り口部を作る人、馬場の柵を作る人、ユンボで馬場を広げる人、畠を耕して石を除去する人、杉材の皮をむく人、障害飛越の支柱を塗装する人など、全体の作業にこれまででになく最多の十数人での作業はちょっと壮観でした。また、無償で提供いただいた簡易トイレ2基、500リットル水槽1基も搬入(無償)されました。皆様に感謝・感謝です。


馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -木陰の豚たち

馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -丸太の皮むき

馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -障害飛越支柱塗装



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-07-18 02:56:22

梅雨明け

テーマ:ブログ

昨日は、梅雨中続いた霧がはれて、晴れ久しぶりに敷き地内の全景が見渡せました。待ち遠しかった梅雨明けが間近であることを感じさせました。


 障害者施設では杉の丸太の皮むき作業をやっています。この丸太は馬場柵用の杉丸太で4m長さものを120本、地元の森林組合の好意で一昨日雨の中を運搬していただいたものです。障害者施設でも猪うり坊防除用電柵の杭に丸太が必要とのことで、分け合って使うことにしました。


8月には同施設と私の乗馬クラブが合同で地元の皆さんへの挨拶を兼ねた開設披露バーベキューパーティ祝日を予定していますが、通所の皆さんもその準備にも取り掛かっておられます。輪切りの小さな木板の名札作りや施設の看板製作が進んでいます。使い古しの蹄鉄をお渡ししてモデル品を見せて「写真スタンドでも作って販売されてはいかがですか」と勧めてみました。

雨で土が湿っているうちが適当かと思い、馬場の周辺にノイバラやウツギの移植をしましたが、このところ何やかやアレモコレモと忙しい日が続いていたので、わずかなことですが少しほっとしました。

 自宅の生垣のウバメカシを剪定をしたので、その葉を馬の通路に敷いたところふかふかのの緑の道のようななって正解でした。


 夕方からは、友人と二人で木材粉砕機のテスト運転をしました。ネットで15万円で購入した機械ですが、ディーゼルエンジンの外観は新品でキャタピラの動きもスムーズで全体の構造も堅牢のようです。試運転に入りましたが中古品なので取扱説明書もないので慎重に始めたのですが、これが災いしエンジンの回転を十分に上げないままで板切れを入れたために、回転刃に食い込んで挟まってしまい刃が回転しなくなりました。苦労して何とか板片を取り外し

今度はエンジンの回転を十分に上げてから小枝類を機械に挿入すると、烈しい音とともに小枝はあっという間にチップになって噴出されます。満足できる性能でした。来週は隣接する施設や事業所の方にも披露して、希望されれば使ってもらうこととしたいと思っています。


 今日の高原は朝から初夏のさわやかな風が吹き、白く大きな雲がゆっくりと南西から北東の方向へと流れていきます。ここは平地よりわずか450m程度高いだけですが、雲が低く見えます。青空と白い雲と緑の木々がフレームに収まって、友人と二人しばし眺めていました。廻りは蝉の声と鳥の鳴き声、馬場の上には水場の少ない高原のどこで生まれたのか、赤いトンボ(しょうろトンボ?)がたくさん飛んでいます。


馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -久しぶりに海をのぞむ

馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -雨の中の丸太搬入

馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -木材粉砕機

馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -梅雨明けの雲

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-07-12 11:11:20

海での乗馬

テーマ:ブログ

悪天候で外仕事がしにくいので、以前の写真を見返していると海や雪の中での写真がありました。

夏になったら海にいきたいものだ。


馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -雪の中での乗馬




馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -水着で裸馬

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-07-09 05:46:03

味菜自然村を訪ねて

テーマ:ブログ

馬場柵用の杭材調達のために地元の森林組合を訪ねた。初めてであったが、親切に対応いただき木材のことを

いろいろと教えてもらい、別の森林組合にも問い合わせいただいき、おかげで安く調達できるようになった。ニコニコ

午前中は、杭材なら所有林を自由に伐採してよいと、90歳になる老人に山を案内あししていただいたが、梅雨時期で地面がぬかるんでいて作業に危険性もあるので、今回は森林組合から購入することとし、冬期に伐採させてもらうことにした。


 午後に、同じ町内にある「味菜自然村」を訪ねました。ここは、数ヶ月前にTV番組で大食いタレントラーメンのギャルソネが黒豚の飼育体験などをしたところで、その後もTVで取り上げられ話題になっているところです。


道際に豚がいるので車を降りて見ていると、作業をされている女性が遠くから声を掛けられましたので、近寄っていくとオーナーの女性で、黒豚や猪豚ぶーぶーうり坊の飼育の状況などを詳しく話してくださいました。その後に、豚舎に行きえさのこと敷き料のこと肥育や出産のこと有機肥料のこと農家民宿のこと、これまでのことなど思想や理念など含めいろいろと教えていただきました。


特に、木材チップの問題や竹パウダーの有効性などの話は、ちょうどこの日に木材チッパーの購入手続きをしようとしていたので、即ありがたく傾聴しました。
 オーナーの心の暖かさが伝わりそのパワーと熱意に、こちらも元気をいただきました。


馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-07-05 08:14:11

馬はどこに

テーマ:ブログ

好きな馬がクラブから出されるとの知らせがあったので、クラブに問い合わせたところ「病気もあり、出すこととなった。行き先は言えない、会員には出せないとの結論になった。」とのこと。これまでも行き先の分からない馬もいるとのことで、殺処分されるのではないかと危惧しています。病気も持っていることから一概には言えませんが、引き取って余生を送らせてやりたいと思って、譲ってほしいと話もしていたので残念です。クラブはレッスンなどに出せないと判断した馬の余生を送らせるシステムをつくるべきでしょう。鹿顔になった馬が使われるのは馬を愛する会員も疑問に思うことでしょう。
馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-07-02 08:51:18

今日もいろいろ

テーマ:ブログ

昨日のことを細かく振り返ってみますチョキ


1、朝からは、現場の土地の件や私の農業参入の可否等について、文書メモにまとめて農業委員の方に届ける。

  夕刻、電話があり趣旨を説明して調査などをお願いした。その後、役所に立ち寄り委任状の様式をもらう。


2、ポニーの様子を見に行く、口の周りが少しただれていたので、オーナーに消毒をするように依頼する。知人の

  獣医師に相談して薬を塗るなどしてみるとのことであった。馬の機嫌は悪くない。天気が回復したらボロの清 掃と敷きワラ入れをしてあげよう。馬


3、現場に行く道を少し変えてみたが、途中で農家の方がそこで採れた野菜や自家製の漬物などを販売してい 

  らっ しゃる店に立ちよる。農作業の手を休めていろいろと話をしていただいた。助言もいただいた。野外保育

  に力を入れている幼稚園のこと、乳搾り体験などのグリーンツーリヅムをしている方のこと、未使用の牛舎が

  あること、建築や衛生に関する行政との折衝のことなどなど。良い知り合いができた感じであった。

  スイカを買い求めて現場の隣の障害者施設に持っていく。ハロウィン


4、久しぶりに雨が降らないので、現場作業に従事する。杭等の木材の皮や材料などの整理、掃除をする。


5、厩舎内にチップを敷くことを検討しているので、チップを出している事業所に軽トラでもらいに行く。試みに

  厩舎に敷いたところ、これを再度粉砕機に掛けたりEM菌活用で良い敷き料になることが確認できた。


6、厩舎の各部屋の鉄パイプ製扉の製作を隣接する事業所の方に依頼する。


7、友人のデザイナーが厩舎のデザイン画を現場に届けてくれていたのを見る。ロゴマークも作っていただいて

  おり、さすがすばらしい、!!見てわくわくしてくる。


8、NPOの理事と監事の就任手続き及び間伐材の公売入札関係の書類の件で協議、書類作成。


9、馬の経験があり、今後手伝いをしてくれるスタッフが欲しかったが、ボーイッシュな若者が現場を見に来た。

  案内したが規模の大きさに戸惑っている様子。考えてから返事くださいということでわかれる。


10、農地、農業者参入などの件で、論議。検討の会議。

 

  いちおうこんなことだったかな。朝6時から午後9時まで盛りだくさん。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-07-01 09:34:41

縁あり、ポニー

テーマ:ブログ

ポニー乗馬も計画しています。そこで、私の馬の先生が比較的近所に飼ってあるポニーを引き取ることになって、先日引き取りに行かれたそうです。嫌がる馬になんとか頭絡を着け車に乗せようとすると、寝そべってしまい

ハミで口を傷つけて出血したので、連れてくるのをあきらめたとのことでした。

 口と心の傷が心配でもありましたので、そのポニーを見に行ってきました。回復して元気そうでした。馬

そして、なんと、その馬は私が幼少のころから高校二年まで過ごした家のあった土地の上で飼われていました。また、、そのオーナーの息子さんと私の三男は同じ病院の分娩室で同じ日に生れており、それが縁でその後にシーズわんわんの子を譲っていただいた縁のある方でした。シーズが来たときに妻からそのことは聞いたようですがあまり気に止めていなかったので、今回オーナー夫人いーちゃん2と話をしてこれらのことがわかりました。夫人は28歳になる三男の名も8年ほど前に事故で死んだそのにゃーの名前も記憶していただいていました。


また、私と同年代でこの地域で長く生活してこられた方で、幼いころの地域の様子などの思い出話に花が咲き、たいへんに楽しいひと時を過ごしました。ニコニコ


 もともと狭い地域ではありますが、あらためて世間は狭いものということを思うと同時に、これまでポニーに興味がなかったことから、これらのことを認識していなかったことのうかつさを恥じ入りました。同時に馬を通じての不思議な縁を感じました。馬やオーナー家族のショックが和らいでお許しいただけるなら、いつかはポニーを引き取って私のところで過ごさせて、できれば子馬を産ませてやりたいと思います。ポニーの子馬は見たことがありませんが、それは可愛いとのことでした。普通の子馬も可愛いですからポニーならなおさら愛らしいことでしょう。

  (チェリー) 
馬を愛する男のブログ Ebosi Kogen Hose Park -チェリー

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。